メタバース

【新時代の稼ぎ方】メタバースで稼ぐおすすめの方法を紹介!

メタバースで稼ぐ。なんだか聞き慣れない稼ぎ方ですよね。

それもそのはず、「メタバース」という言葉自体が話題になったのが2021年。まだまだ世の中には浸透していません。

とは言いつつも、情報感度の高い方は「メタバースで稼いでいる人がいるらしいぞ」と気になっている方もいるはず。

今後注目の稼ぎ方になると期待されていますし、場所を選ばずに稼ぐ方法としても注目されていますよね。

なかには、以下のように思っている方もいるかと思います。

自分もメタバースで稼いでみたい

メタバースで稼ぐ方法を知りたい

そこで本記事では、「メタバースで稼ぐには、どんな方法があるか知りたい」といった方のために、メタバースで稼ぐおすすめの方法を解説したいと思います。

メタバースで稼ぐおすすめの方法

メタバースで稼ぐ方法は大きく分けて3つ。

  • ゲームで稼ぐ
  • アルバイトで稼ぐ
  • メタバース投資で稼ぐ

ゲームで稼ぐ

メタバースで稼ぐ方法で、特に注目が集まっているのがメタバースゲームで稼ぐ方法です。

「Play to Earn」(ゲームをしながら稼ぐ)という言葉があるように、ゲームを楽しみながら仮想通貨を稼げるのが魅力。

新しいメタバースゲームも続々とリリースされていて、世界的にも注目が集まっています。

メタバースのゲームで稼ぐには、以下の稼ぎ方がメジャーとなっています。

  • ゲーム内アイテムを販売する
  • ゲーム内コンテンツを作って稼ぐ
  • ゲーム内の土地を販売する

ゲーム内アイテムを販売する

近年リリースされているメタバースゲームの大半は、ブロックチェーン技術を基盤に作られているので、ゲーム内のキャラクターやアイテムがNFT化されています。

そのため、ゲーム内で手に入れたアイテムや武器などを販売することで、収益をあげることができます。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略で、日本語で「非代替性トークン」と呼ばれるもの。

簡単にいうと、ブロックチェーンの技術を使って、デジタルデータでも一意のアイテムだと証明できる技術のことです。

デジタル上でも唯一無二の存在と証明されるので、ゲーム内のアイテムに価値がつきます。レアアイテムともなると高額で取引されることも。

NFTについて詳しく知りたい方は、こちら「【NFTとは】NFTのメリットや活用事例を紹介!」を参考にどうぞ。

アイテムの売買には、マーケットプレイスで取引することになり、各ゲーム内にあるマーケットプレイスか、「OpenSea(オープンシー)」という世界最大のマーケットプレイスで取引されることが一般的です。

「NFTをまだ買ったことがない」という方は、こちらの記事「【簡単】OpenseaでNFTを買う方法を画像付きで解説!」を参考にOpenSeaでNFTを購入してみるのも良いかと思います。

ゲーム内アイテムなど、NFTの売買は仮想通貨での取引となります。そのため、メタバースゲームで稼ぎたいという場合は、仮想通貨の口座を持っておく必要があります。

ゲームコンテンツを作って稼ぐ

メタバースゲームのコンテンツを作ることでも稼ぐことができます。

例えば、日本発のメタバースで人気の「cluster(クラスター)」では、たくさんのメタバース(ワールドと呼ばれる)やミニゲームがあります。

  • ワールドに入場料を設定する
  • メタバース内で遊べるゲームを作ってプレイ料金設定する

このように、メタバースのクリエイターになることで、利用料をもらって稼ぐ方法もあります。

また、クラスターでは「ゲーム制作コンテスト」も開催しているので、コンテストに応募して賞金を狙うといったこともできます。

ゲーム内の土地を販売する

メタバースゲームによっては、メタバース内の土地もNFT化されているため、土地を販売したり、賃貸に出したりすることで稼ぐことも可能です。

世界的企業の「グッチ」や「アディダス」がメタバースの土地を購入したりと、メタバース内の土地に注目が集まっています。

ただし、価格が高騰しすぎていて、なかなか手を出せないのが現状です。

今後リリースされるメタバースゲームも土地の購入ができるものが多いので、新しいゲームがリリースされて安ければ購入するのが良いかと思います。

注意点としては、価格の変動もあるため必ず稼げるというわけではないこと。土地の価格が下がるリスクも考慮しておく必要があります。

メタバースの土地の買い方はこちら「【初心者でも簡単】メタバースの土地を買う3つの方法!」で解説しています。資金に余裕のある方で、メタバースの土地を購入してみたいという方は参考にしてみてください。

アルバイトで稼ぐ

メタバースでの新しい稼ぎ方として、メタバースのアバターになって働く方法があります。

メタバース内イベントの案内係や、リモート接客の仕事をアバターとしてこなす仕事です。

一例

  • メタバースで開催されるイベントで、販売商品の商品説明や相談受付
  • メタバースに再現された百貨店での案内スタッフ

メタジョブのような、メタバースで事業に取り組む企業と、新しい働き方を探す人をつなぐマッチングサイトも登場しています。

メタジョブ公式サイト

時給2000円の仕事もあったりしますが、まだまだ募集が少ないので、今後のメタバースの需要次第というところもあります。

メタバースに入れる環境さえあれば、在宅でもできる仕事になるので、人気は高まりそうです。

メタバース投資で稼ぐ

メタバース関連の株や仮想通貨を購入して稼ぐ方法もあります。

メタバース関連の株

メタバース関連の株は、以下のような銘柄があります。

  • Meta(メタ)
  • Microsoft(マイクロソフト)
  • Roblox(ロブロックス)
  • SONY(ソニー)
  • NVIDIA(エヌビディア)
  • Epic Games(エピック・ゲームズ)
  • Unity Software(ユニティ・ソフトウェア)
  • Autodesk(オートデスク)
  • GREE(グリー)

メタバース関連の株式銘柄について知りたい方は、こちら「注目のメタバース関連株を紹介【銘柄解説あり】」を参考にどうぞ。

メタバース関連の仮想通貨銘柄

メタバース関連の仮想通貨は、以下のような銘柄があります。

  • Axie Infinity(AXS)
  • Decentraland(MANA)
  • Enjin Coin(ENJ)
  • The Sandbox(SAND)
  • Star Atlas(ATLAS)
  • Illuvium(ILV)
  • Bloktopia(BLOK)

メタバース関連の仮想通貨銘柄について知りたい方は、こちらを「メタバース関連の仮想通貨銘柄と買い方を紹介!」参考にどうぞ。

まとめ

メタバースでの稼ぎ方について解説してきました。

メタバースの話題は頻繁にでるものの、まだまだ世の中に浸透しているわけではありません。今のうちにメタバースの世界に浸かっておくのもいいかもしれませんね。

  • ゲームで稼ぐ
  • アルバイトで稼ぐ
  • メタバース投資で稼ぐ

メタバースで稼ぐ方法は、今後もどんどん増えていくと予想されるので、楽しみにしましょう。

「メタバースを体験したことがない」という方は、こちら「【簡単】メタバースの始め方をゼロから解説【必要なものも紹介】」でメタバースの始め方を解説しているので、まずはメタバースの体験をしてみてください。

参考【初心者でもわかる】メタバースの始め方をゼロから解説!

急速に世間を賑わしている「メタバース」ですが、 メタバースを始めてみたいけど、やり方がわからない。 メタバースを始めるの ...

続きを見る

-メタバース