投資・仮想通貨

メタバース関連の仮想通貨銘柄と買い方を紹介!

2021年12月7日

Facebookが社名を「Meta」と変更するほど注目を浴びているメタバース。

メタバースの領域は今後需要が拡大していくと言われていて、2025年には4000億ドル(約45兆)、ゆくゆくは1兆ドル(約115兆円)を超える市場を形成するという予測すらあります。

仮想通貨やNFTとの相性もよく、メタバース上で巨大な経済圏が作られることも期待されています。

仮想通貨をやっている人の中には、

  • メタバース関連の仮想通貨銘柄を知りたい
  • メタバース関連の仮想通貨銘柄を買ってみたい

といった方も多いかと思います。

そこで本記事では、メタバース関連の仮想通貨銘柄と買い方を紹介します。

本記事をお読みいただくことで、メタバース関連の銘柄について知ることができますよ。買い方も紹介するので、興味がある方は参考にしてみてください。

メタバース関連の仮想通貨銘柄を紹介

メタバース関連の仮想通貨としては、以下の銘柄があります。

メタバース関連の仮想通貨

  • Axie Infinity(AXS)
  • Decentraland(MANA)
  • Enjin Coin(ENJ)
  • The Sandbox(SAND)
  • Star Atlas(ATLAS)
  • Illuvium(ILV)
  • Bloktopia(BLOK)

Axie Infinity(AXS)

通貨名 Axie Infinity
シンボル AXS
公式サイト https://axieinfinity.com/
公式ツイッター https://twitter.com/axieinfinity
国内取引所 なし
海外取引所 Binance、Huobi Global、KuCoin、Coinbase

「AXS」は、ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)」内で使用される仮想通貨。

アクシーというモンスターを売買したり、Axie Infinity内の土地の売買にも使用されます。また、Axie Infinityの運営に関する参加券であるガバナンストークンとしての役割もあります。

「Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)」とは

Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)は、2018年にリリースされたベトナム発のブロックチェーンゲーム。

「Axie(アクシー)」というモンスターを集めて育成し、他のプレイヤーのアクシーと戦わせる対戦ゲームです。バトルに勝ったり、アクシーを繁殖させてアクシーを販売したりすることで収益を得ることができるゲームです。

ゲームをプレイすることで収益が得られる「Play-to-Earn」という新ジャンルを確立させたゲームとしても有名です。

 

Decentraland(MANA)

通貨名 Decentraland
シンボル MANA
公式サイト https://decentraland.org/
公式ツイッター https://twitter.com/decentraland
国内取引所 なし
海外取引所 Binance、Huobi Global、KuCoin、Coinbase

「MANA(マナ)」は、VR(バーチャルリアリティ)プラットフォームである「Decentraland」の中で使用できる独自トークン。

「Decentraland」内の土地や建物、アバターなどの売買に使用されます。

「Decentraland(ディセントラランド)」とは

Decentraland(ディセントラランド)は、イーサリアムのブロックチェーンを利用したVR(バーチャルリアリティ)プラットフォーム。

Decentraland内の広大なVR空間を探索したり、ミニゲームで遊んだりすることができます。

 

Enjin Coin(ENJ)

通貨名 Enjin Coin(エンジンコイン)
シンボル ENJ
公式サイト https://ja.enjin.io/
公式ツイッター https://twitter.com/enjin
国内取引所 コインチェック、GMOコイン
海外取引所 Binance、Huobi Global、KuCoin、Coinbase

「ENJ」は、オンラインゲームの開発プラットフォームとして利用されている「Enjin Platform」上で利用できるトークン。

「Enjin Platform」で開発されたゲーム内で利用できるので、幅広く使われていくことが期待されています。

「Enjin Platform(エンジン・プラットフォーム)」とは

  • ブロックチェンゲームを開発できるプラットフォームのこと
  • ブロックチェーンやコーディングなどの知識がなくてもNFT、スマートコントラクトを導入できる
  • メルティングが可能(使用しなくなったNFTをエンジンコインに戻すことができる)

 

The Sandbox(SAND)

通貨名 SAND
シンボル SAND
公式サイト https://www.sandbox.game/jp/
公式ツイッター https://twitter.com/thesandboxgame
国内取引所 なし
海外取引所 Binance、Huobi Global、KuCoin

「SAND」とは、ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」内で通貨として流通しているトークン。

SANDは、The Sandbox内の土地である「LAND」の売買や、自作のアイテムやキャラクターを取引したり、ゲームのイベントに参加するために使用されます。

「The Sandbox」とは

The Sandbox(ザ・サンドボックス)は、仮想空間上にLAND(土地)を購入・レンタルをしたり、オリジナルのアイテム、キャラクター、建物を作ったり、ゲーム体験ができるプラットフォームです。

ゲーム自体は2012年から発売されていて、4000万ダウンロードされるほどの人気作品。2021年1月、新たにブロックチェーンゲームとしてリリースされることで、さらに注目を集めています。

 

Star Atlas(ATLAS)

通貨名 Star Atlas
シンボル ATLAS
公式サイト https://staratlas.com/
公式ツイッター https://twitter.com/staratlas
国内取引所 なし
海外取引所 Gate.io

ATLASは、2620年を舞台にしたメタバースゲーム「Star Atlas」内で使用できるトークン。

ゲーム内で宇宙船、乗組員、部品、土地、装備などの売買に使用されます。

「Star Atlas」とは

Star Atlas(スター・アトラス)は、2620年を舞台にしたメタバースゲーム。

人類、異星人、アンドロイドの3つの派閥に分かれ宇宙空間を探索し、土地や資源をめぐって戦ったり、領土を拡大していきます。

2022年春頃のリリースなので、まだ全貌は明らかになっていませんが、トレーラーをみる限りかなりハイクオリティなゲームになっている模様です。

 

Illuvium(ILV)

通貨名 Illuvium
シンボル ILV
公式サイト https://www.illuvium.io/
公式ツイッター https://twitter.com/illuviumio
国内取引所 なし
海外取引所 Binance、Gate.io、KuCoin

「ILV」は、ブロックチェーン上に構築されたオープンワールドRPG「Illuvium(イルビウム)」内で使用されるトークン。

モンスターや資源、アイテムなどを売却したり、多数のプレイヤーがバトルをするアリーナで賭けをすることで、収益を得ることができます。

「Illuvium(イルビウム)」とは

Illuvium(イルビウム)は、イーサリアムブロックチェーン上に構築されたオープンワールドRPGで「コレクタブルRPG&オートバトラーゲーム」の要素を取り入れたゲーム。

広大な土地を旅して、獣(イルビアル)と戦い、捕獲して、仲間にしたり、他のプレイヤーとイルビアルを戦わせたりします。

 

Bloktopia(BLOK)

通貨名 Bloktopia
シンボル BLOK
公式サイト https://www.bloktopia.com/
公式ツイッター https://twitter.com/bloktopia
国内取引所 なし
海外取引所 KuCoin、Gate.io

BLOKは、メタバース上の21階建てのVR超高層ビルである「BLOKTOPIA」内で使えるトークン。

「BLOK」保持者は、「BLOKTOPIA」内で不動産の売買・賃貸、広告収入、ゲームのプレイ、ネットワークの構築などを通じて収入を得ることができます。

「Bloktopia」とは

Bloktopiaは、ビットコインの発行上限である2100万にちなんだメタバース上の「21階建てのVR超高層ビル」。

世界でも先進技術の「3D Creation Engine」を搭載し、PlaystationVRの立ち上げに携わったサイモン・ベンソンが技術責任者ということもあり、クオリティはピカイチ。

暗号通貨、ブロックチェーン技術、VR、ARがすべて統合された世界を提供し、起業家、投資家、プレーヤー、開発者といったあらゆる人に向けたエンターテイメントハブになることを目的としています。

Bloktopiaについては、こちらの記事「BLOKTOPIA(仮想通貨BLOK)の特徴や買い方について解説!」でも詳しく解説しているので参考にどうぞ。

参考BLOKTOPIA(仮想通貨BLOK)の特徴や買い方について解説!

メタバース関連の有望銘柄として注目を浴びているBLOKTOPIA。 そこで本記事では、 BLOCKTOPIAって何?どん ...

続きを見る

仮想通貨の買い方

ここまでメタバース関連の仮想通貨銘柄を紹介してきましたが、ほとんどの銘柄は日本の仮想通貨取引所で購入することができません。

そのため、海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。

購入手順は以下の通りになります。

簡単な流れ

  • 日本の取引所で仮想通貨(ビットコイン)を購入
  • 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  • ビットコインで欲しい銘柄を購入する

国内の仮想通貨取引所は、国内最大手のコインチェックがおすすめです。

コインチェック公式サイト

使いやすさも抜群で、初心者から上級者まで幅広く利用されているので安心です。

海外の仮想通貨取引所は、買いたい銘柄に合わせて「Binance」「Gate.io」「KuCoin」を利用することになります。

世界最大の仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)については、こちらの記事「Binance(バイナンス)の登録・口座開設方法を紹介!」で登録方法を解説しているので参考にしてみてください。

まとめ

メタバース関連の仮想通貨銘柄と買い方を紹介してきました。

メタバース関連はこれから伸びていく分野として期待値が高いです。気になる銘柄があればぜひチェックしてみてください。

メタバース関連銘柄の買い方まとめ

  • コインチェックで仮想通貨(ビットコイン)を購入
  • 海外の仮想通貨取引所(Binanceなど)にビットコインを送金
  • ビットコインで欲しい銘柄を購入する

-投資・仮想通貨
-