メタバース

誰でもできるメタバースの勉強方法【初めての学習におすすめ】

これからメタバースのことについて知りたいけど、どうやって勉強すればいいの?

おすすめの学習方法があったら教えて欲しい。

こんな疑問に答える記事を書きました。

さっそく結論ですが、メタバースを勉強するには、「基礎学習+3つメタバース体験」がおすすめです。

  • 書籍でメタバースの基礎を理解
  • 体験①無料でメタバースを体験
  • 体験②メタバースで経済活動を体験
  • 体験③メタバースへの没入体験

本記事を参考に「学習+体験」をしていくことで、メタバースのことを理解できますよ。

さっそく解説していくので、ぜひ最後までお読みください。

誰でもできるメタバースの勉強方法

メタバースの勉強方法について解説します。

書籍でメタバースの基礎を理解

メタバースについて、体系的に勉強するなら書籍で学ぶのが一番手っ取り早いです。

  • メターバスの全体像
  • メタバースの活用事例
  • メタバースの課題

こういったことが、網羅的に学べます。

おすすめは、以下の3冊です。

どれか1冊選ぶとしたら、「メタバース 完全初心者への徹底解説」がわかりやすくでおすすめです。

メタバースが勉強できる書籍については、こちら「【おすすめ4冊】メタバースが理解できる書籍を紹介!」で紹介しているので参考にどうぞ。

参考【おすすめ5冊】メタバースが理解できる書籍を紹介!

最近注目を浴びている「メタバース」。 ネット上にも情報は出てきていますが、体系的に学べる情報源が少ないですよね。 メタバ ...

続きを見る

メタバースについては、当ブログでもサクッと解説しているので、こちら「【メタバースとは】メリットや問題点をわかりやすく解説!」も参考にしていただけると嬉しいです。

体験①無料でメタバース体験

書籍で1冊分勉強したら、次は実際にメタバースを体験してみましょう。実際にメタバースを体験してみることで、より理解が深まりますよ。

メタバース入門としておすすめなのが、スマホでもパソコンでもプレイできる「cluster(クラスター)」です。

cluster(クラスター)公式サイト

clusterには、無数の「ワールド」と呼ばれる空間があって、イベント、ゲーム、セミナーを開催・参加したり、ユーザーとコミュニケーションができます。

無料でプレイできるので、初めてのメタバース体験として最適です。

こんな感じの世界観です。

clusterの世界観

clusterの始め方は、こちら「スマホで簡単にメタバース体験!clusterで遊ぶ方法を紹介!」で解説しているので参考にしてみてください。

 

体験②メタバースで経済活動を体験

次は、メタバースで経済活動を体験してみましょう。

経済活動というと何だか大袈裟な表現になりますが、要は「メタバース内のアイテムを売り買いしてみよう」ということです。

メタバースに世界中の大手企業が参入していることから分かるように、メタバースでの経済活動はかなり注目されているので、今のうちに先取りしておくのもアリです。

メタバースの多くは、メタバース内の土地を売買したり、メタバース内で使うアイテムを作成・販売することができます。

その土地やアイテムはNFT化されているので、メタバースのようなデジタル空間でも価値を持つようになり、仮想通貨での取引が可能となっています。

NFTとは

NFTとは、デジタルデータでも唯一性を証明できる技術のこと。NFTによって、メタバース内のアイテムや土地に希少価値がつくようになります。

すでにデジタルアートやメタバースの土地やアイテムが高額で取引されてたりもします。

メタバースの経済活動とNFTは、切っても切り離せない関係なので、NFTに関しても本を1冊を読んでおくほうがいいです。

NFTについては、こちらの本「NFTの教科書」が断トツでおすすめ。

NFTに関しても、当ブログで解説「【NFTとは】NFTのメリットや活用事例を紹介!」しているので、合わせて参考にしてみてください。

メタバース内のNFT化されたアイテムや土地などを売買するのに利用されるのが仮想通貨です。

今後、メタバースが普及するに従って、仮想通貨が当たり前に使われるようになるので、まだ持っていない方は今のうちから体験しておきましょう。

メタバースの経済活動を体験するには、ディセントラランド(Decentraland)がおすすめです。

ディセントラランドの始め方はこちら「【初心者向け】ディセントラランド・Decentralandの始め方を解説」で解説しているので、参考にしてみてください。

ディセントラランドをプレイし始めたら、次はディセントラランド内のアイテムを購入してみましょう。

アイテムは、ディセントラランド内のマーケットプレイスで買うか、世界最大のNFTマーケットプレイスであるOpenSea(オープンシー)で買うことができます。

仮想通貨を購入する必要があるので、一手間かかりますが、一度乗り越えればすぐに慣れます。仮想通貨の購入からOpenSeaでNFTを買う方法は、こちら「【簡単】OpenseaでNFTを買う方法を画像付きで解説!」で解説しているので参考にしてみてください。

参考【簡単】OpenseaでNFTを買う方法を画像付きで解説!

最近注目を集めているNFT。 OpenSeaなどのNFTマーケットでの売買も盛んに行われていて、かなり盛り上がっている分 ...

続きを見る

 

体験③メタバースへの没入体験

メタバースの魅力を最大限体験するには、VRゴーグルを使ってメタバースに没入することです。

パソコンやスマホの画面だと、あくまで俯瞰的な視点でしか楽しめません。

VRゴーグルを使うことで、メタバース内に入り込んでいるかのように楽しむことができるので、違った世界を味わうことができます。

現状のVRゴーグルでベストとされているのは、Oculusの「Oculus Quest 2—完全ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット」です。

私もOculusの「Quest2」を使っていますが、VRゴーグルでメタバースに入ると「おお、すごい!」と感動しますよ。

Oculus「Quest2」

Oculusの「Quest2」で3.7万円〜5万円くらいと、VRゴーグルはどうしても価格は高くなってしまいます。

しかし、メタバース空間を最大限楽しむことができるので、予算に余裕がある方はVRゴーグルを使った体験もしてみてください。

メタバースの勉強方法まとめ

メタバースの勉強方法として、「基礎学習+3つメタバース体験」を紹介してきました。

メタバース市場は、今後急成長すると予想されていて、世界中の大手企業が続々と参入してきています。

今後、メターバス内でのサービスや経済活動は活発になることは間違いないので、乗り遅れないためにも今のうちから体験しておきたいところですね。

最後に、メタバースの勉強方法をまとめます。

ぜひ参考にしていただければと思います。

参考【初心者でもわかる】メタバースの始め方をゼロから解説!

急速に世間を賑わしている「メタバース」ですが、 メタバースを始めてみたいけど、やり方がわからない。 メタバースを始めるの ...

続きを見る

-メタバース