投資・仮想通貨

【メタバースとは】できることや問題点をわかりやすく解説!

2021年12月11日

Facebookがメタバース領域に注力する証として「Meta」という社名に変更するほど注目を集めている「メタバース」。

大手企業も続々とメタバースに参入して、さらなる盛り上がりを見せようとしています。

本記事では、

  • メタバースって何?
  • メタバースで何ができるの?

と疑問を持っている方に向けて、メタバースについてわかりやすく解説したいと思います。

本記事をお読みいただければ、メタバースの概要や問題点を理解することができますよ。

メタバースとは

メタバースとは、インターネット上に構築された「仮想空間」のこと。

「超越した(Meta)」と「宇宙(Universe)」を組み合わせた造語です。

厳密な定義は決まっていないのですが、以下のような概念がメタバースと呼ばれています。

インターネット上に構築された3Dの仮想空間にアバターとして入り込んで、相互にコミュニケーションしたり、経済活動をしたり、イベントなどの娯楽を楽しんだりできる世界

複数のユーザーと、同一の三次元空間を共有することができるので、相互にコミュニケーションをとったり、買い物やイベントなどの経済活動を行うことができます。

メタバースでできること

メタバースでできることの例として、以下のようなものがあります。

メタバースでできることの例

  • バーチャル会議
  • 音楽イベント
  • ゲーム
  • 買い物
  • 土地や建物の売買・賃貸
  • メタバースの探索

バーチャル会議だと、メタ(フェイスブック)がVR会議ツール「Horizon Workrooms」を提供しています。

 

 

BLOKTOPIAというメタバースでは、買い物、コミュニケーション、ビルの売買・賃貸、ゲームなど1つの街のような感覚に浸かることができます。

 

 

ゲームでは「フォートナイト」や「あつまれどうぶつの森」などがメタバースに該当するゲームとして有名ですね。

ブロックチェーンを基盤にしたものだと「Decentraland」があります。

 

このように、仮想空間でもコミュニケーションや経済活動が現実世界と同じように行えるようになります。

メタバースが注目されている理由

メタバースが注目されている理由として、以下の要素が挙げられます。

  • コミュニケーション手段のオンライン化
  • NFTの影響
  • テクノロジーの進化

コミュニケーション手段のオンライン化

コロナの影響によって、学校の授業、会社の会議などのコミュニケーションのオンライン化が進みました。

メタバースを利用することで、リモートでありながらも、よりリアルに近い環境でコミュニケーションをとることができます。

先ほど紹介したメタのVR会議ツール「Horizon Workrooms」は、メタバースで同じ空間を共有して、まるでその場にいるような感覚でコミュニケーションをすることを目的としています。

また、Zoomなどのツールでは、複数人が同時にしゃべると話が聞き取りづらくなりますが、「Horizon Workrooms」のようなメタバース上では、距離感に応じた音量で聞こえるようになるので、現実世界と同様の感覚で過ごすことができます。

NFTの影響

NFTとは「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能なトークンのことを指します。

ブロックチェーンの技術により、デジタルデータに唯一無二の固有のデータが記録できるようになりました。

例えば、デジタル上の画像(アート)をNFT化すると、デジタル世界で1つだけのアート作品になり価値を持つようになります。

そのため、デジタルデータにも「世界にひとつだけのデータという希少性」を付与できるようになりました。

デジタルデータが価値を持つことで、

  • アバター用に、デジタル世界に1つしかない服や靴を買う
  • メタバース上の土地や建物を買う、賃貸や売りに出す
  • デジタルアートをコレクションする

といったように、現実世界と同様の経済圏が生まれることになります。

ここに、大手企業などが注目し続々とメタバースに参入するようになっています。

テクノロジーの進化

テクノロジーの進化も、メタバース普及への後押しになっています。

VRヘッドセットの発達や、スマホやPCの高性能化により、メタバースが身近に感じられる環境が整ってきつつあります。

メタバースの問題点やデメリット

メタバースの問題点やデメリットを解説します。

やや敷居が高い

メタバースを利用するには、高価なVR機器や高スペックのパソコンが必要となるため、初期費用としてそれなりの金額がかかります。

誰でも手軽に始められるというわけではありません。

また、VR機器を頭にかぶったりするのも面倒で邪魔くさいというのもあります。

そのため、メタバースに参加して没入するためには、ややハードルが高いと言えます。

法整備の問題

メタバース上で経済活動が行えるということは、法の整備が必要になってきます。

しかし、現行の法律ではメタバースを想定していないため、今後の法整備が課題になっています。

例えば、

  • メタバース上のアイテムや土地の権利の問題
  • トラブル・事故の問題
  • 詐欺やマネーロンダリング

などなど、課題は山積みと言われています。

メタバースの普及のためにも、今後の法整備が急がれます。

まとめ

メタバースの概要や問題点について解説してきました。

本記事をまとめます。

メタバースまとめ

  • メタバースとは、インターネット上に構築された「仮想空間」のこと
  • NFTによって経済圏活動も行うことができる
  • 現実世界と同様な体験もできる
  • 今後も注目される分野だが、法整備の問題が急がれる

大手企業も続々と参入しているあたり、今後も注目を浴びていく分野であることに間違いありません。

メターバス領域の今後の展開に注目ですね。

メタバース内では、仮想通貨によって経済圏が成り立ちます。そのため、メタバースに関連する仮想通貨銘柄が注目されています。

こちらの記事「メタバース関連の仮想通貨銘柄と買い方を紹介!」で、メタバース関連の注目銘柄や買い方を紹介しているので、合わせて参考にしてみてください。

また、メタバース関連の株式銘柄「注目のメタバース関連株を紹介【銘柄解説あり】」にも注目です。

-投資・仮想通貨
-