投資・仮想通貨

Maskネットワークのインストール方法とツイッターの連携方法

2021年11月18日

Maskのインストール方法とツイッターの連携方法を紹介します。

Maskをインストールすることで、TwitterのアイコンにNFTを追加したり、Twitter上で直接NFTを購入できるようになりますよ。

Maskのインストール方法とツイッターの連携方法

Maskのインストール方法とツイッターの連携方法の大きな流れは以下の通り。

チェックリスト

  • Maskをインストール
  • 初期設定とツイッター接続
  • MaskとMetaMaskウォレットの接続

それでは解説していきます。

Maskのインストール方法

ブラウザの拡張機能としてMaskをインストールしていきます。

以下のURLから、MaskのWebサイトに行きましょう。

Mask

「Get Mask」をクリックします。

 

今回はGoogleChromeにインストールしていくので「Chrome Web Store」を選択します。

 

「Chromeに追加」をクリックします。

 

アクセス許可を求められたら「拡張機能を追加」をクリック。

これで、GoogleChromeへのインストールは完了です。

 

Maskの初期設定とTwitter接続

次にMaskの初期設定(アカウント作成)をしていきます。

GoogleChromeへのインストールは完了すると、以下の画面が表示されるので「同意」をクリック。

 

「作成」をクリックします。

 

12個の単語が表示されるので、メモしておきましょう。

メモが終わったら「認証」をクリック。

 

先ほどの単語を入力する画面が表示されるので、順番が合うように入力していきましょう。

入力が終わったら「確認」をクリック。

 

ペルソナ名(アカウント名みたいなもの)を入力して、「Next」をクリック。

 

Twitterに接続を選択します。

 

許可を求められたら「許可」をクリック。

 

これでツイッターとの連携は完了です。ツイッターを開くと、以下のようにMaskNetworkが追加されていますね。

チュートリアルがあるので、確認してもいいですし、スキップしてもOKです。

 

MaskとMetaMaskウォレットの接続

次は、MaskとMetaMaskウォレットの接続をしましょう。

Twitterメニューの「ウォレットに接続しています」を選択します。

 

「Choose Network」はイーサリアム、「Choose Wallet」はMetaMaskを選択します。

 

接続先のアカウントを確認して「次へ」をクリック。

 

接続許可を求められるので「接続」をクリック。

 

ネットワーク変更の許可を求められるので、「ネットワークの切り替え」をクリック。

 

MetaMaskとの接続が完了すると、以下のようにMetaMaskの情報が表示されます。

これで、MaskとMetaMaskの接続は完了となります。

Twitterのプロフィールに「NFT Avatar」の設定が追加されているので、ここからTwitterのアイコンにNFTを設定できます。

 

他にもTwitter上で直接NFTを購入できるようなりますよ。

画像

参考MetaMask(メタマスク)のインストールから入金までを解説!

仮想通貨の送金や受け取りにかかせない仮想通貨ウォレットの「MetaMask(メタマスク)」。 本記事では、MetaMas ...

続きを見る

-投資・仮想通貨