仮想通貨

仮想通貨RNDR(Render Token)の特徴や買い方を紹介

2021年12月1日

2021年11月にバイナンスに上場ということで、気になっていたRender Token(RNDR)。

早速ですがバイナンスで購入してみました。

本記事では、

  • Render Token(RNDR)ってどんな仮想通貨なの?
  • Render Token(RNDR)の買い方を知りたい

といった方に向けて解説していきたいと思います。

Render Token(RNDR)とは

Render Token(RNDR)は、イーサリアムブロックチェーン上に構築された「分散型のGPUレンダリングネットワーク(Renderネットワーク)」で利用されるトークンのこと。

Renderネットワークとは、レンダリングをしたいユーザーと、GPUを貸し出してもいいというユーザーをマッチングできるように設計されたネットワークのことです。

レンダリングをお願いしたい人はRNDRで支払いをし、レンダリングのためにGPU機能を貸し出す人はRNDRとして報酬を受け取ることができる仕組みです。

そもそもレンダリングって何?

レンダリングとは、数値データとして与えられた図形や物体に関する情報を、プログラムを使って画像化・映像化する処理のことです。

3DCGの場合だと、物体の形状や色、表面の質感、光と影の位置など、様々な要素を組み合わせて映像を表示する処理になります。

このレンダリングですが、ゲーム制作やVRコンテンツ作成の場合だと、レンダリング処理をするのに相当な時間がかかります。

また、膨大な計算処理をするための高性能GPUが必要となりコストも上がることに。

さらに、グラフィックの進化は進んでいるので、より複雑で高解像度のレンダリングが必要となってきます。

そこで、世界中の空いているGPUを活用しよう、つまり「レンダリング処理を分散型のネットワークで処理しよう」というのが、Renderネットワークです。

Renderネットワークのメリット

  • 従来のレンダリングより高速でレンダリングできる
  • 世界中の空いているGPUを有効活用できる
  • 従来のレンダリングに比べてコスト削減につながる

Renderネットワークは、映像メディア、ゲーム、VR、AR、医学、産業などに利用されていますが、今後メタバースの普及によってさらに注目を浴びると言われています。

Render Token(RNDR)の買い方

Render Token(RNDR)は、現在のところ日本の取引所では購入することができないので、海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。

海外の取引所だと、以下の取引所がRender Token(RNDR)を扱っています。

  • Binance
  • Huobi Global
  • Gate.io

どの取引所を使えばいいか迷っているのであれば、「Binance(バイナンス)」がおすすめです。世界最大の仮想通貨取引所ですし、日本語にも対応しているの安心して利用できます。

Binance(バイナンス)公式サイト

バイナンスの口座を持っていない方は、今のうちに口座を作っておきましょう。バイナンスの口座開設方法は、こちらの記事「Binance(バイナンス)の登録・口座開設方法を紹介!」で解説しているので参考にしてみてください。

 

Render Token(RNDR)の購入方法は、以下の流れになります。

Render Tokenを購入する流れ

  • 国内の仮想通貨取引所(コインチェック)でビットコインを購入
  • コインチェックから海外の仮想通貨取引所(バイナンス)にビットコインを送金する
  • バイナンスからビットコインでRender Tokenを購入する

海外の仮想通貨取引所では日本円を取り扱っていないので、まずは日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入します。

国内の仮想通貨取引所は最大手のコインチェックがおすすめです。

購入したビットコインをバイナンスに送金し、そのビットコインでRender Tokenを買う流れになります。

こちらの記事「【3ステップ解説】バイナンスで仮想通貨を購入する方法」で、バイナンスで仮想通貨を購入する手順を解説しているのですが、Render Token(RNDR)を購入例としているので、参考にしてみて下さい。

参考【3ステップ解説】バイナンスで仮想通貨を購入する方法

バイナンスで買いたい仮想通貨があるんだけど、買い方がわからない 本記事ではこんな悩みを解決したいと思います。 普段からバ ...

続きを見る

まとめ

Render Token(RNDR)についての解説や買い方を紹介してきました。

今後、Render Token(RNDR)の価値がどうなるかはわかりませんが、これからの時代にマッチした技術である事は間違いありません。

メタバースの世界が広がっていけば、さらに期待ができるかもしれませんね。

Render Token(RNDR)買い方まとめ

  • コインチェックのアカウントを作成
  • コインチェックでビットコインを購入し、バイナンスに送金
  • バイナンスでビットコインをもとにRNDRを買う

まだまだマイナーなコインですが、今後を見守りたいと思います。

Render Token(RNDR)を含めたWeb3.0関連の仮想通貨をこちらの記事「【高騰を期待】Web3.0関連の仮想通貨銘柄を紹介!」で紹介しているので、合わせて参考にしてみてください。

参考【高騰を期待】Web3.0関連の仮想通貨銘柄を紹介!

Web3.0関連の仮想通貨も盛り上がっています。 Web3.0関連の仮想通貨ってどんなものがあるか知りたい Web3.0 ...

続きを見る

この記事を書いた人

くりすぷ

プログラマー10年経験した後、独立。ブロガー、Webライター、ネット物販で収入を得ながら、たまに海外一人旅をしています。

>>プロフィール詳細

-仮想通貨