タイ

【宿泊レビュー】バンコクの快適ホステル「ウォーム・ウィンドウ・シーロム(Warm Window Silom)」

2022年6月21日

タイ10日間の滞在で過ごしたホステル「ウォーム・ウィンドウ・シーロム(Warm Window Silom)」を紹介します。

バンコクにあるおすすめのホステルを教えてほしい

設備が綺麗なホステルを探している

静かな環境に泊まりたい

こんな方におすすめできるホステルとなっています。

私自身、これまで旅をしてきたなかで初めてホステルを利用したのですが、綺麗な施設で快適に過ごすことができました。ホステル初心者にもおすすめ。

立地は決して良くないものの安くて綺麗、周辺も静かな環境なので、バンコクにのんびり滞在したい人は、ぜひ本記事を参考にしていただければと思います。

「ウォーム・ウィンドウ・シーロム(Warm Window Silom)」の基本情報

公式サイトはこちら:Warm Window Silom公式HP

場所

「Warm Window Silom」の場所は、スラサック駅から徒歩10分のところにあります。

 

スワンナプーム国際空港から電車で行く場合は、乗り換えが2回。面倒ですが安く行くことができます。

スワンナプーム空港から電車で行く方法

  • スワンナプーム国際空港から「ARL City Line」のPhayathai(パヤタイ)駅まで。
  • パヤタイ駅で「BTS Sukhumvit Line」に乗り換え、Siam駅まで。
  • Siam駅で「BTS Silom Line」に乗り換えてスラサック駅まで。そこから徒歩10分ほど。

Agodaの最寄駅にはスラサック駅と書いてありましたが、セントルイス駅の方が近い感じがします。

ホテル前の様子はこんな感じ。

近くには、セブンイレブンもあるので何か日用品が欲しくなったり、ドリンクの買い足しなどに便利です。

価格

私が泊まったのは4人部屋で朝食付き、2泊で3691円(1泊1845円)です。

10人部屋だと1泊1300円くらいと安いのですが、4人部屋の方が人が少なく静かに過ごせるかと思ったので、少し高くなりますが4人部屋を選択。2泊しましたが、私が泊まったときは他に1人のみと静かに過ごすことができました。

ウォーム・ウィンドウ・シーロム(Warm Window Silom)

ちなみにですが、部屋のタイプは女性専用ドミトリーや個室タイプまであるので、選択肢も多いです。

「ウォーム・ウィンドウ・シーロム(Warm Window Silom)」の設備

1Fは受付、朝食&カフェスペースとなっています。

受付は入り口を入って左手にあります。

 

キッチン&朝食バイキング

キッチンスペースと朝食のバイキングエリアです。

 

朝食はコーンフレーク、パン、バナナ、ミニケーキといった簡易的なもの。ドリンクは水、牛乳、オレンジジュース、コーヒーがあります。

 

トースターもあるのでパンを焼くこともできます。

 

別途ドリンクを頼むことも可能です。

 

食事が終わったら、自分で食器を洗うことになっています。

 

部屋

部屋のある廊下はこんな感じになっています。

 

ドアもホテルさながらのロックなので女性の方でも安心できるかと思います。

 

私が宿泊した4人部屋はこんな感じ。

 

ベッドは通常のシングルより幅広なのでゆったりできます。カーテンもありますがそれなりに透けているのはデメリット。

 

枕元にコンセントが1つと、足元に大きめのロッカー(鍵あり)が付あります。

 

 

4人部屋タイプの上段の場合、ちょっとネックなのが反対側の部屋の半分が見えてしまうこと。ここには遮るものがないので、完全にプライベート感があるわけではありません。

 

共有スペース

共有スペースは2Fと屋上にあります。

2Fの共有スペースはこんな感じ。ビッグサイズのソファや座布団、電源は3ヶ所くらいあります。

エアコンは効いていないですが、巨大扇風機を使えば意外と快適に過ごすことができます。

 

1Fを見下ろすとこんな感じ。

 

洗面エリア

共有の洗面エリアは広々としたスペースで綺麗です。ハンドソープとドライヤーが設置されています。

 

こちらはトイレとシャワールーム。それぞれ3つずつ。

 

ボディソープとシャンプー付きです。清潔感もあって綺麗です。

 

 

屋上

屋上にも共有スペース

 

写真は撮り忘れましたが、洗濯機と干す場所があるので洗濯したい場合には重宝します。ハンガーもたくさんあるのでシャツを干すのにも便利。日当たりもいいのですぐに乾きますよ。

 

ちなみに夜になるとこんな雰囲気に。

 

周辺のおすすめどころ

森の湯

徒歩10分くらいのところに、スパ施設「森の湯」があります。バンコクでも人気のスパ施設で平日の昼間でもそこそこ賑わっています。

温泉やサウナに入ったり、マッサージや食事もできるので長時間ゆっくりすることも。

値段はやや高めですが、綺麗な施設で日本語対応なので安心して楽しむことができます。

公式サイト:湯の森公式サイト(日本語)

ガパオクンポー

徒歩5分くらいのところに「ガパオクンポー」というガパオ屋さんがあります。

屋台に比べると値段は高いですが、おいしいです。

また、このお店がある通りはマーケットとなっているので、屋台での食事もとることができます。

ウォーム・ウィンドウ・シーロム(Warm Window Silom)に泊まってみた感想

これまで旅をしてきたなかで初めてのドミトリーでしたが、どうしても気になっていたのが清潔感。

ドミトリーは安い反面、清潔感など気になるところですよね。また、「想像以上にボロかったりしたら嫌だな…」と不安はありました。

しかし、そんな不安を一掃するくらいに清潔感があり綺麗なホステルでした。

「Warm Window Silom」は、できてから数年と施設も綺麗で清潔感も保たれているので、ドミトリーの衛生面が気になるという方でも問題ないかと思います。

また、10人部屋であれば約1300円、4人部屋でも約1800円。綺麗な上に朝食付きを考えると、トータル的に考えてみてもリーズナブル。タイミング次第ではさらに安くなっている時もありました。

デメリットを挙げるとすれば、立地はそこまでよくないこと。

駅から徒歩10分はかかる上に、すぐ近くに何かあるというわけでもありません。プロンポンやシーロムあたりに比べると不便に感じるのは否めません。

とはいえ、騒々しいところよりは静かで落ち着いている雰囲気がいい、という方にはおすすめできます。

個人的には、宿泊を延長してもいいと思えるくらい快適に過ごすことができました。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

ウォーム・ウィンドウ・シーロム(Warm Window Silom)

バンコクでおすすめの快適でリーズナブルなホステルは、こちらの記事「【快適でリーズナブル】バンコクおすすめホステルを紹介!」でまとめていますのであわせて参考にどうぞ。

参考【快適でリーズナブル】バンコクおすすめホステルを紹介!

バンコクにあるホステルにいくつか宿泊してきましたが、おすすめを紹介したいと思います。 複数の宿泊客が共同で利用するホステ ...

続きを見る

ドミトリーを利用する際に、あると便利な持ち物はこちら「【これがあれば困らない】海外ドミトリーに必要な持ち物を紹介!」で紹介しています。あわせて参考にしてみてください。

参考【これがあれば困らない】海外ドミトリーに必要な持ち物を紹介!

海外のドミトリーに初めて泊まるけど、何か必要なものはあるの? ドミトリーに泊まる際に、あると便利な持ち物を教えてほしい ...

続きを見る

-タイ