シンガポール

【シンガポール3泊4日の男ひとり旅①】シティ・ホール周辺、マーライオン

2018年7月13日

先日、シンガポールへ3泊4日でひとり旅をしてきました。

人生初の海外ひとり旅です。

「人生で一回くらいは、一人で海外旅行に行ってみたい」という思いがありましたが、何分ビビりなもので勇気を出せず、行動に起こそうとしてきませんでした。

しかし、会社員を辞めて個人事業主になり時間があること、それにあとあと後悔したくないので思い切って旅立つことに。

海外ひとり旅の初心者向きな国はどこかネットで調べてみると、「シンガポール」か「タイ」がおすすめとのこと。

今回は、日本と環境が近いであろうシンガポールをチョイスしました。

シンガポール一人旅~1日目~

7月9日(月)、羽田空港0時40分発 → シンガポール・チャンギ空港6時40分着。

飛行機の中ではなかなか眠れず、初日から寝不足での行動です。

チャンギ空港到着、この時点では不安と楽しみが入り混じった複雑な気分です。

 

チャンギ空港からMRTの駅へ移動し切符を購入。

空港のMRTのチケット売り場には係員の人がいて、観光客と見るや声をかけてくれ、買い方を教えてくれました。

シンガポールで電車を利用するときは、切符の代わりにこのカードを使います。

 

通勤時間のためか、かなりの混み具合。なんか日本とあまり変わらない雰囲気です。まずは、初日の宿泊ホテルのあるサマーセット駅へ向かいます。

 

サマーセット駅から歩いて約10分、本日宿泊予定のロイズインへ。

ロイズインの周りは、閑静な住宅街といった感じで、落ち着いた雰囲気です。とりあえず荷物を預けて、観光開始です。

参考シンガポールの隠れ家的ブティックホテル ロイズイン(Lloyds Inn)に宿泊!

シンガポールひとり旅で、ブティックホテル「ロイズイン(Lloyds Inn)」に宿泊してきました。 【Agoda公式サイ ...

続きを見る

 

まずは近くの「フォート・カニング・パーク」という所を観光予定です。

途中、「スリ・タンダユタパニ寺院(Sri Thendayuthapani Temple)」というヒンドゥー教の寺院があります。

中には入りませんでしたが、年に一度の「タイプーサム」というヒンドゥー教の伝統的な行事が行われることで有名なようです。

 

フォート・カニング・パーク

「フォート・カニング・パーク」は小さな丘の上にある自然公園で、入園は無料、園内にあるバトルボックスと呼ばれる博物館は有料です。

スリ・タンダユタパニ寺院の向かい側にも入り口があるので、こちらの入り口から入ります。奥に階段が見えると思いますが、そこから登って入ることができます。

 

「フォート・カニング・パーク」に入り、てくてく散歩します。

こちらは「フォート・ゲート」と呼ばれる1800年代に造られた要塞の一部だそうです。

 

14世紀にこの辺りを治めていた君主のお墓。花が供えられていて、近くによると独特な香りが漂ってきます。

 

他にもいろいろ歩き回ります。

 

ラッフルズ・テラス。ラッフルズが住居としていた建物。

「フォート・カニング・パーク」は観光客もほとんどいません笑。

これといった見所はありませんが、人混みが好きではない自分にとっては、ゆっくり散策することができました。

 

シティ・ホール周辺を散策

フォート・カニング・パークを抜けて、シティ・ホール駅周辺を散策します。

こちらは、セント・アンドリュース大聖堂。中は涼しく過ごしやすいです。

 

聖書がぎっしり。

 

続いて、近くのアルメニアン教会へ。かなり小さめの教会です。

 

誰もいなくて独り占め。

教会内部は設立当時のまま残されているようです。

 

次は、シンガポール切手博物館へ。

 

サン=テグジュペリのスペースがかなり多かったです。

 

日本占領下時の切手。「DAI NIPPON」「大日本郵便」の文字が見えます。

 

次は、プラナカン博物館。プラナカンの歴史や文化を紹介している博物館です。

 

プラナカン博物館を後にして、しばらく歩きます。

ラッフルズホテルは絶賛改装中でした。

 

戦争記念公園の慰霊塔。

 

アートハウス。シンガポールで最初の裁判所として使用されていたそうです。

 

ビクトリア・シアターとコンサートホール。入り口前には黒のラッフルズ像。

 

そろそろマーライオンに会いに行きます。

 

ちっちゃいやつ。個人的にはこっちのほうが好きです笑

 

マーライオンとついにご対面。ここに来るまでにマリーナベイサンズはちょくちょく見えたのですが、こうやって全貌を見るとすごいの一言。

曇ってるのが残念ですけど、シンガポールに来た!って感じですね。

 

近くに公園があるので、ベンチに座って休憩。

 

さすがにたくさん汗もかいたので、しっかり水分補給。

 

少し休憩を挟んで、シンガポール国立博物館へ。

 

軽く館内を回って、シティ・ホール周辺の観光は終了。

 

ロイズインへ戻り少しゆっくり、、、と思ったら2時間も寝てしまいました。

起きたら、さっそく遅めの夕食へ。

ロイズインの近くにあるインドネシア料理の「Warung M. Nasir」へ行ってきました。

 

チキンと野菜炒めとライス。チキンは大きくておいしいけどかなり辛い。

徐々に効いてくる辛さです。さすがインドネシア料理。

 

 

軽く食べた後は、オーチャード・ロードを散策。

夜の9時過ぎくらいですが、通りはけっこう賑やかです。

 

ショッピングモール内も人がたくさん。

 

お洒落なバーやレストランもあります。

 

最後にこちらの中華屋で軽く食べて、おなかいっぱい。店員さんがとても親切でした。

 

普段ひとり酒をすることはないのですが、ヨーロッパ人のおっさんが一人でおいしそうにビール飲んでたので、つられてオーダー。

 

ロイズインに戻ってまったり。

シンガポール一人旅1日目はこんな感じで終了です。不安もありつつも、じゅうぶんに楽しめた1日でした。

そして、すでに結構な日焼けです。。。

2日目に続く。

参考【シンガポール3泊4日の男ひとり旅②】チャイナ・タウンと動物園

シンガポール3泊4日一人旅の2日目です。 1日目の記事はこちら(シンガポール3泊4日の男一人旅~1日目~シティ・ホール周 ...

続きを見る

この記事を書いた人

くりすぷ

海外一人旅メインに雑多に記事を書いています。会社員10年→30代半ばで独立。サウナ歴10年(サウナ・スパプロフェッショナル)。

>>プロフィール詳細

-シンガポール