シンガポール

【シンガポール3泊4日の男ひとり旅④】1人散歩におすすめカトン地区

2018年7月18日

シンガポール3泊4日のひとり旅、ついに最終日。

帰りの便はチャンギ空港22:15発なので、時間はかなりあります。

マリーナ・ベイ・サンズをチェックアウト後は、

  • ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ散策
  • シティ・ホール方面に向かい、初日に見ていないチャイムス教会
  • カトン地区散策

というプランです。

朝7:30、4回目インフィニティ・プール。あいにくの曇り空が残念。

この時間だとかなり空いているので、ゆっくりしたい方にはおすすめの時間帯です。

 

スタッフのお姉さんが「何か頼みますか?」とメニューを持ってきてくれたので、ここで朝食をとることに。

 

マンゴージュースとチキン&エッグマフィントーストをオーダー。

味はフツーなので、朝食はしっかりしたところで食べたほうがいいと思います。

しばらくすると、スタッフのお姉さんから「料理はどう?おいしい?」とお声がけ。

「おいしいよ。ありがとう。」と返事しましたが、英語できないと片言でしかやり取りできないのが残念。

1時間ほどゆっくり。

8時30分くらいから、徐々に混みだしてきました。

 

マリーナ・ベイ・サンズを後にして、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ。

青空も広がってきて、日差しが強くなってきました。

夜とはまた違った雰囲気。

 

スカイウェイからの眺め。地上は蒸し暑いですが、スカイウェイは風があるので心地いいです。

 

続いて、クラウド・フォレストへ。

 

入ると中から子供たちのはしゃぎ声が聞こえてきます。

「何があるんだ?」と思っていると、いきなり滝が。

圧巻ですね。多少水しぶきがかかりますが、ひんやりして気持ちいいです。

 

クラウド・フォレスト内を見学してまわります。

 

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイをあとにして、チャイムス教会へ。

 

白を基調とした綺麗な建物です。観光客もほとんどいなくて、のんびりできます。

 

お昼には雲もほとんどなくなり、青空が広がってきました。

せっかくなので、もう一度マーライオンを見に行くことに。

↓は初日にとった曇り空の時の写真。青空が見えるだけで印象が全然違いますね。

シティ・ホール周辺は、初日に散策しただけあってだいぶ土地勘が上がっていました。1日でけっこう覚えるものですね。

お次は今回の旅行で最後の観光地、カトン地区へ向かいます。

カトン地区へ

パヤ・レバ駅から「ゲイラン・セライ・マーケット」へ向かいます。

 

駅から歩いて5分くらいで、「ゲイラン・セライ・マーケット」へ到着。2Fがホーカーズになっています。

 

なんかおいしそうなので、この店で食事をとることに。

看板の一番左のメニュー「Lontong Kering」というものを注文。

結構人気のある店みたいでお客さんも結構来てました。

 

よくわかりませんが、ビーフ、イカ、魚の練り物を揚げたようなやつ、ジャガイモコロッケが一緒くたになった料理。

奥にある大根みたいなやつは「ロントン」というらしく、米をバナナの葉で包んで蒸し上げた食べ物らしいです。

最初は野菜かとおもって食べたら、芋を練ったような感じで、これがご飯の代わりになっているんだと理解。

ロントン自体はほとんど味がないので、調味料とかルーをかけて食べる感じです。

おいしかったんですが全体的に冷めていたのが残念。温かければもっと美味しかったと思います。

 

「ゲイラン・セライ・マーケット」のローカル感満載な感じが好きです。

 

となりの店のビリヤニもおいしそう。こちらもお客さんが結構きていて、ボリューミーなビリヤニでした。

 

食事のあとは、「クーン・セン・ロード」にあるプラナカンのカラフルな家並みを見に行きます。

「ジョー・チアット・ロード」をひたすら直進。ここらへんから観光客も全くいないし、地元民の姿もほとんど見かけません。

たぶん、夜になれば活発になるんだろうと思います。

 

静かな通りをひたすら直進。

 

少し脇道にそれると、いかにもな高級住宅街を見ることができます。

 

この薄いオレンジの建物が「クーン・セン・ロード」への目印。「ゲイラン・セライ・マーケット」から徒歩で10分くらい。

 

この交差点を左に曲がるとカラフルな建物が見えてきます。

 

ガイドブックに載ってるくらいなんですけど、誰もいない(笑)

軽く見たあと、次は「イースト・コースト・パーク」へ向かいます。

タクシーで行けば楽なんですけど、あえて歩きます。

イースト・コースト・パークへ

カラフルな建物をそのまま直進。

 

のどかな街並みをひたすら歩きます。

 

大通りにぶつかったら、右折して「スティル・ロード」を突き進みます。

 

リゾート感満載の大通りです。

車は通れども、歩行者は皆無。孤独にひたすら突き進みます。

 

しばらく歩くと大規模な団地が。洗濯物の干し方が独特。

 

グーグルマップでは「イースト・コースト・パーク」まであと少し。

なぜか道が途中で途絶えたので、団地の敷地内に入り、そのまますり抜けます。

団地内からも地下トンネルで「イースト・コースト・パーク」に繋がっており、無事到着。本来は団地の前の通りを曲がる必要があったみたいです。

 

「イースト・コースト・パーク」内に入って少し歩けば、海が見えてきます。

カラフルな建物から30~40分は歩いたと思います。

 

決して綺麗な海とは言えませんが、なかなかいい雰囲気ではないでしょうか。

このまったり感、たまらないですね~。

 

公園内にあるスタバでちょっと休憩。

いや~とにかく歩いた。最高の散歩でした。

 

少しゆっくりして夕食へ。

カトンで有名なラクサを食べることに。「328 Katong Laksa」というお店へ。

看板にも日本語で「人気の店 328 カトン ラクサ」と書いてありますね。

 

オーダーして2分くらいで出てきました。早い。

日本のシンガポール料理屋で食べたときは、拉麺みたいに麺が長かったので、箸で食べるのかと思っていたら、麺は細切れになっているのでスプーンですくって食べるようです。

ほのかなココナッツと魚介スープのピリ辛ラクサ。美味しかったです。

 

時間もいい頃合なので、そろそろチャンギ空港へ向かうことに。

来た道とは違う道を歩いて帰ります。

ラクサの店のすぐ近くにある「スリ・センパガ・ヴィナヤガー」寺院。

 

相変わらずの高級住宅街な雰囲気に、相変わらずの人気の無さ。

 

途中、こんな看板を発見。何かの歩道みたいです。

 

果てしなく続いています。この道で帰ることに。

 

まだまだ続く。

 

異国の地へ来てひたすら散歩。観光客一切いません。最高!

 

こんな感じで、最後は長時間の散歩で締めました。

はじめての海外ひとり旅で不安もありましたが、いい思い出になりました。

また時間を取って海外ひとり旅を計画しようかなと思っています。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!

参考シンガポールひとり旅の持ち物・準備しておくといい物リスト

先日、シンガポールへ人生で初めて一人旅(3泊4日)をしてきましたが、そのときに持って行ったものや、持っていけばよかったな ...

続きを見る

参考ANAマイルを効率的にためる5つの方法!定番から飛躍的にたまる方法まで解説

ANAマイルの効率的な貯め方を知りたい といった方の参考になるように、本記事では「ANAマイルを効率的にためる方法」を紹 ...

続きを見る

この記事を書いた人

くりすぷ

プログラマー10年経験した後、独立。ブロガー、Webライター、ネット物販で収入を得ながら、たまに海外一人旅をしています。

>>プロフィール詳細

-シンガポール