SAUNA

サウナ歴10年が教える!サウナのおすすめの楽しみ方を紹介!

最近サウナに興味を持ち始めたけど、サウナってどんな楽しみ方があるの?

他のサウナーがどんな楽しみ方をしているか知りたい

サウナブームの最中、サウナに興味を持ち始めた人の中には、このように思っている方も多いのではないでしょうか。

サウナの楽しみ方には、サウナに入ることはもちろん、他にもたくさんあります。

そこで本記事では、サウナ歴10年以上の筆者が、サウナの楽しみ方を紹介したいと思います。

サウナの楽しみ方

王道の「サウナ→水風呂→外気浴」

サウナの楽しみといえば、なんといっても「ととのう」こと。

「ととのう」の境地に達すれば、あの何とも言えない快感が持続します。そのためサウナに通っているといっても過言ではありません。

ととのうためには、「サウナ→水風呂」の繰り返しが必要なわけですが、できれば「サウナ→水風呂→休憩(外気浴)」のサイクルを回せるとなおよし。

サウナに入る時は、水分補給を忘れずに。

サウナ後の食事を楽しむ

サウナに入った後の食事を楽しむ人も多いです。

サウナ施設には、食堂がついていることも多く、そしてリーズナブルに食事を楽しむことができます。

サウナ後のいっぱいが楽しみと言うことでビールを飲む方も多いですね、

「サウナに入っておしまい」ではなくて、サウナ後の食事も楽しむことで、サウナの満足度も上がるはずです。

サウナ施設のサービスを楽しむ

サウナ施設によって様々なサービスがあるので、存分に利用して楽しむのもありです。

  • マッサージ
  • 漫画を読む
  • 休憩スペースでまったりする

サウナの利用料とは別に、マッサージを受けることもできます。サウナでスッキリした後に、リラックスがてらマッサージを受けるのも一つの楽しみ方です。

また、サウナ施設よっては漫画がたくさん置いてあることも多く、施設に入り浸って漫画を読破していくのもいいかと思います。

サウナ施設には、基本的には休憩スペースがあり、テレビを見てゆっくりするのもいいですし、新聞や雑誌などを見るのもありです。

仕事ついでにサウナを楽しむ

最近では、コワーキングスペース付きのサウナも増えてきており、テレワーク、ノマドワーカーにとっても利用しやすくなっています。

例えば、東京にある「かるまる」。綺麗なコワーキングスペースがあります。電源も完備。

仕事も込みでサウナに寄って、からだをリフレッシュするのもいいかと思います。

参考記事:【おすすめ】コワーキングスペース付き東京サウナ6選【テレワーク・ノマドに最適】

全国のサウナ旅にでかける

サウナは、施設それぞれに特徴があります。

そのため、いろんなサウナ施設を楽しむために、全国各地をサウナ旅するのもオススメです。

中にはサウナが好きすぎて、本場フィンランドまで行く人もいるほどです。

私も先日、タイのバンコクに行った際に、ローカルなサウナ「ニューサトーンサウナ」に入って楽しんできました。気になる方はこちら「【最高】バンコクのローカルサウナ「ニュー・サトーン・サウナ」に行ってきた!」を参考にどうぞ。

バンコク「ニューサトーンサウナ」

日本全国または海外に飛び出して、いろんなサウナを体験するのもオススメです。

ホームサウナ、または普段通っているエリアのサウナとは違った雰囲気があり、いつもとは違った楽しみを味わうことができます。

サウナ・スパに関する資格を取ってみる

知らない人も多いと思いますが、サウナに関する資格があります。

以下の2つが人気の資格となっています。

  • サウナ・スパ健康アドバイザー
  • サウナ・スパプロフェッショナル

私はこの2つ資格を取得していますが、サウナの知識を深めたり、サウナについて知らなかったことも勉強できたりと、サウナ好きにとっては有意義な資格となっています。

また、「サウナ・スパ健康アドバイザー」の資格を取れば、一部のサウナ施設で割引を受けることもできます。

興味のある方はぜひ資格を取ってみてください。サウナについて、より一層知見が深まりますよ。

サウナの楽しみ方まとめ

サウナの楽しみ方を解説してきました。

近年のサウナブームにより、サウナ人口が一気に増えています。それに伴い、サウナに関する情報もたくさん見れるようになってきました。

自分の知らなかったサウナ施設や、自分の知らなかった楽しみ方など、色々調べてみるとよりサウナを好きになれるはずです。

本記事で紹介したサウナの楽しみ方も1つの参考に取り入れてみてください。

サウナ・スパ施設の利用料が割引になる方法をこちらの記事「【絶対にお得】サウナ・スパ施設を割引で安く入る方法を紹介」で紹介しているのであわせて参考にしてみてください。

-SAUNA