ラオス6泊7日の男一人旅②爽快ボート移動でムアンゴイへ!絶景ありの古き良き村を堪能

本ページはプロモーションを含みます。

ラオス6泊7日の男一人旅2日目です。

初日のムアンクアはこちら(ラオス6泊7日の男一人旅①穴場の田舎町ムアンクアに滞在

8時起床、本日はムアンクアからボートでムアンゴイへ向かいます。


ゲストハウスにいる子供とサル。子供達はゲームに夢中です。


朝食は川沿いのレストランへ行くことに。橋を超えた側にあるので少し歩きます。


レストランへ到着。


このレストランは、川沿いの席もあるので景色は良好。風も涼しくて心地よいです。

落ち着いてゆっくりした時間が過ごせるのでいい感じです。夜に来てビールを飲みながら食事をするのもいいかもしれません。

ドリンクはリプトンティーを頼んだのですがないとのことで、「xxティーでいいか?」と聞かれたのでオーケーと答えたらよく分からないお茶が出てきました。

葉っぱが入ったお茶でほんのり味がします。悪くはないです。

ラープを頼んでみましたが、とんでもない激辛でした。

残念ながら半分も食べれず。。。

目次

ムアンクアからボートでムアンゴイへ

一度ゲストハウスに戻ってチェックアウト。

朝は曇っていましたが、徐々に晴れてきました。


9時に船着場近くのレストランに行ってチケットを購入します。25万キープ。


出発までレストランで待機します。

暑いからか犬もぐったりの様子。


9時30分発の予定でしたが、なんだかんだ9時50分出発に。

乗客は現地の家族4人、欧米人カップル2人、私の7人。

途中の村に送る瓶ビールもたくさん積み込まれています。


いざ出発。爆音のエンジン音、ボートが水を切る音と水しぶき、体に当たる風、そして青空の下に広がる緑の景色、めっちゃ最高です。


ラオスにきたらボートで移動するのが間違いなしです。

※ボートのエンジン音はかなりうるさいので、耳栓があるといいかもしれません。欧米人バックパッカー2人は耳栓を用意していました。


ときおり川沿いの小さな集落に立ち寄りがあります。おそらく陸路ではいけないような集落だと思われます。

現地の4人家族はここの集落で降ていきました。


ボートに大量に積まれた瓶ビールはこちらの村に。

こんな感じで、いくつかの集落へ立ち寄りがあったのですが、どういった感じなのがちょっと見てみたいですね。

ここに停船している間にボートにちょっとした水漏れを修理。


途中でかなりの乗り込みがあり満席に。


13時過ぎにボートの乗り換え地点へ到着です。川にダムがあるので迂回しなければいけないようです。

一旦ボートを降ります。


「ここでしばらく待ってて」との指示があり、ボートから降りて30分ほど待つとミニバスがきたので乗り込みます。


5分ほどで次のボート乗り場へ到着。この場所を下に降るとボート乗り場があります。


ムアンゴイ方面から来た欧米人バックパッカーたちと入れ替えです。


ボート乗り場からはダムが見えます。


ボート乗り場からは14時出発。

ここからボートに乗って約1時間でムアンゴイに到着です。

ムアンゴイ到着

15時くらいにムアンゴイに到着。

まずはゲストハウスへ向かいます。

船着場から歩いてすぐのLattanavongsa guesthouseというゲストハウスへ。


外観は雰囲気もいいのですが、部屋の中は大したことはありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海外一人旅が好きなフリーランス。旅のスタイルはリュック1つの身軽旅。訪れた国の旅行記をメインに書いています。サウナ好き(サウナ歴10年、サウナ・スパプロフェッショナル取得)。

目次