クレカ・ポイント

エポスゴールドとエポスプラチナを比較!迷っている方にプラチナにする目安を紹介!

エポスカードの最上級ランクである「エポスプラチナカード」。年会費がリーズナブルなプラチナカードとしても有名ですね。

そんなエポスプラチナカードですが、

  • エポスプラチナカードのメリットがイマイチわからない
  • インビテーションがきたけど、プラチナカードを作ろうか迷う

といった方もいるかと思います。

そんな方に向けて本記事では、エポスゴールドカードとエポスプラチナカードの違いを解説したいと思います。

エポスプラチナカード作成の判断材料として、本記事を参考にしていただければと思います。

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードを比較

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードの比較をします。

基本スペックを比較

エポスゴールドカード・エポスプラチナカードに共通する基本スペックを比較します。

サービス ゴールドカード プラチナカード
通常年会費 5,000円(税込) 30,000円(税込)
ボーナスポイント 最大1万ポイント 最大10万ポイント
ファミリーボーナスポイント 最大3,000ポイント 最大6,000ポイント
旅行傷害保険(海外) 本人のみ(最高1,000万円) 本人(最高1億円)

家族(最高2,000万円)

空港ラウンジ(海外) 2ヶ所 1,000ヶ所以上
空港ラウンジ(国内) 本人のみ 同伴者1名まで

 

年会費について

年間利用額やインビテーションによる発行かどうかで、年会費が変わります。

【エポスゴールドカード】

  • 年間利用額が50万円以上の場合は、翌年以降の年会費が無料
  • インビテーションでゴールドカードを発行した場合は、年会費は永年無料です。

【エポスプラチナカード】

  • 年間利用額が100万円以上の場合は、翌年以降20,000円(税込)
  • インビテーションでプラチナカードを発行した場合は、年会費が20,000円(税込)
  • 上記以外の場合は、30,000円(税込)

 

年間ボーナスポイントについて

年間利用額に応じて、ボーナスポイントが付与されます。

【エポスゴールドカード】

  • 年間利用額が50万円以上の場合、2,500エポスポイント
  • 年間利用額が100万円以上の場合、10,000エポスポイント

【エポスプラチナカード】

  • 年間利用額が100万円以上の場合、20,000エポスポイント
  • 年間利用額が200万円以上の場合、30,000エポスポイント
  • 年間利用額が300万円以上の場合、40,000エポスポイント
  • 年間利用額が500万円以上の場合、50,000エポスポイント
  • 年間利用額が700万円以上の場合、60,000エポスポイント
  • 年間利用額が900万円以上の場合、70,000エポスポイント
  • 年間利用額が1,100万円以上の場合、80,000エポスポイント
  • 年間利用額が1,300万円以上の場合、90,000エポスポイント
  • 年間利用額が1,500万円以上の場合、100,000エポスポイント

 

ファミリーボーナスポイント

家族合計の年間利用額に応じて、代表者会員にボーナスポイントが付与されます。

【エポスゴールドカード】

  • 年間利用額が100万円以上の場合、1,000エポスポイント
  • 年間利用額が200万円以上の場合、2,000エポスポイント
  • 年間利用額が300万円以上の場合、3,000エポスポイント

【エポスプラチナカード】

  • 年間利用額が100万円以上の場合、2,000エポスポイント
  • 年間利用額が200万円以上の場合、4,000エポスポイント
  • 年間利用額が300万円以上の場合、6,000エポスポイント

 

エポスプラチナカード限定のサービス

エポスプラチナ限定のサービスを紹介します。

  1. 誕生月はポイント2倍
  2. プライオリティパス
  3. 国内旅行傷害保険
  4. グルメクーポン

誕生月はポイント2倍

誕生月の利用は、ポイントが2倍になります。

  • マルイでの利用:200円につき2ポイント → 4ポイント(還元率2%)
  • その他VISA加盟点での利用:200円につき1ポイント → 2ポイント(還元率1%)

 

プライオリティパス

通常年会費429USドルの「プライオリティ・パス」が無料で登録可能に。

世界130か国以上、1000か所以上の空港ラウンジを無料で利用することができます。

 

国内旅行傷害保険(利用付帯)

エポスゴールドカードにはない「国内旅行傷害保険」が、旅行代金をエポスプラチナカードで支払うことで付帯されます。

基本内容は次のとおりです。

保険金の種類 本人 家族
死亡・後遺傷害 最高1億円 最高2,000万円
入院日額 5,000円 5,000円
手術保険金(1回の事故につき
1回の手術)
手術の種類に応じて入院日額の10、20、40倍 手術の種類に応じて入院日額の10、20、40倍
通院日額 3,000円 3,000円

 

グルメクーポン

全国の約100店舗の高級レストランで、会員本人を含む2人以上の利用で、会員本人分のコース料理が無料になるサービスです。

対象店舗は少ないですが、記念日やちょっとした贅沢に利用できます。

 

プラチナグルメクーポン対象店舗はこちらで確認できます。

【エポス公式サイト】プラチナグルメクーポン対象店舗一覧

 

VISAプラチナカード特典

エポスプラチナカードの特典というよりは、VISAプラチナカードによるサービスなりますが、エポスプラチナカードでも利用することができるサービスを紹介します。

  1. VISAプラチナコンシェルジュ
  2. VISAプラチナトラベル
  3. VISAプラチナゴルフ

VISAプラチナコンシェルジュ

24時間365日対応のコンシェルジュサービスを利用することができます。

例えば、次のようなサービスをお願いすることができます。

  • 旅行のパッケージツアー予約、ホテル予約、航空券予約
  • 接待・会食で利用する飲食店の予約
  • レストランの予約
  • ゴルフ場の予約
  • レンタカーの予約

「自分でお店を探して予約する時間がない」「こんな条件に合うお店どこかないかな」といったことでも、コンシェルジュの方が探して予約までしてくれます。

VISAプラチナコンシェルジュ公式サイト

 

VISAプラチナトラベル

国内、海外旅行を優待価格で利用することができるサービス。

VISAプラチナトラベル経由して予約することで、国内、海外旅行を5%〜10%割引で利用することができます。

  • 国内宿泊:優待10%(上限額:30,000円)
  • 国内パッケージツアー:優待10%(上限額:30,000円)
  • 海外航空券・ホテル:優待5%(上限額:15,000円)
  • 海外パッケージツアー:優待5%(上限額:30,000円)

下記のVISAプラチナトラベル公式サイトより予約をすることができます。

VISAプラチナトラベル公式サイト

 

VISAプラチナゴルフ

国内・海外のゴルフ場を割引価格で利用することができます。

【日本のゴルフ場】

通常はゴルフ場メンバー以外予約できない、日本国内の名門ゴルフ場やプロトーナメント開催コース約70か所のゴルフ場を、各コースのプレー料金から4,000円割引で予約できます。

【海外のゴルフ場】

ハワイ、グアム、東南アジアにある約80か所の海外ゴルフ場を、各コースのプレー料金から4,000円割引で予約できます。

対象のゴルフ場一覧は、VISAプラチナゴルフ公式サイトで確認できます。

VISAプラチナゴルフ公式サイト

エポスプラチナカードを作るかどうかの目安

エポスプラチナカードを作るかどうかの判断は、次の2つが目安となります。

  1. 海外旅行や海外出張に行く人
  2. グルメクーポンやVISAプラチナカード特典に魅力を感じる方

海外旅行や海外出張に行く人

エポスプラチナカードは、エポスゴールドカードに比べて旅行傷害保険や海外空港ラウンジ数が充実しています。

また、年会費429USドルのプライオリティパスに無料で登録できるのは、大きなメリット。

海外旅行・海外出張をする方であれば、年会費に見合う価値を感じることができるはずです。

グルメクーポンを使って高級レストランで食事をしたい

グルメクーポンは1人1万円以上するコースが対象となっているので、年に2回利用すれば元がとれるくらいお得なサービスです。

1人2万円以上するコースもあるので、これだけでかなりお得と言えます。

夫婦や恋人で記念日に、またビジネス接待でも利用できるので、意外と利用機会はあると思います。

まとめ

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードの比較をしながら、エポスプラチナカードにするかどうかの目安を紹介しました。

エポスプラチナカードは、年間100万円以上利用すれば、2万ポイントがボーナスポイントとして獲得できるので、実質無料で持てます。

しかし、プラチナカードのサービスを利用しなければあまり意味がありません。

  • 海外旅行や海外出張に行く
  • 高級レストランのグルメクーポンを使ってみたい

という人には十分お得と言えるので、エポスプラチナカードを作成しても価値を感じることができると思います。

上記のことにあまり興味がないのであれば、エポスゴールドカードのままでいいと思います。エポスゴールドカードは、メインカードとして使えるくらい優れたカードです。

参考記事:

エポスプラチナカードのインビテーション取得までの利用実績や基準を紹介しています。インビテーションによる作成であれば、年会費が2万円になるのでお得です。気になっている方は、合わせて参考にしていただければと思います。

エポスプラチナカードのインビテーションが到着!利用実績や基準を紹介!エポスカード最上級ランクである『エポスプラチナカード』。そのエポスプラチナカードのインビテーションが、EPOSNetマイページに表示され...

エポスゴールドカードはメインカードとしても最適です。エポスカードの魅力はこちらの記事で解説しています。

エポスカードはメインに最適!年間360万円使って感じた魅力を紹介!使い勝手のいいクレジットカードとして、徐々に浸透してきた「エポスカード」ですが、 エポスカードを作ろうか迷っているけど、い...

POSTED COMMENT

  1. totoron より:

    プラチナ年会費について「年間利用額が100万円以上の場合は、翌年以降の年会費が無料」とありますが、誤りです。正しくは「年間利用額100万円以上の場合、翌年以降20,000円(税込)」です。ただし、インビテーションの場合は永年20,000円のようです。参照ページ:https://www.eposcard.co.jp/platinum/main.html?root=index_nonmember&int_id=top_clup_rp

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です