WORK

10年経験して感じたプログラマーのメリット・デメリットを解説

近年プログラミングの需要が高まってきており、プログラマーという職業は人気です。

私は10年間プログラマーとして活動してきたものの、結局は辞めてしまいましたが、プログラマーをやっていて良かったなと感じることもあれば、プログラマーの悪い面もみてきました。

そこで本記事では「プログラマーを10年経験して感じたプログラマーのメリット・デメリット」を解説したいと思います。

プログラマーが気になる、これからプログラマーを目指したい、という人の参考になるはずです。

辞めた今だからこそ感じるプログラマーのメリット

プログラマーをしていて良かったなと感じるメリットは次のとおり。

  • ITリテラシーが高まる
  • 個人で稼げるスキルが身に付く
  • 再就職できる可能性が高い
  • リスクに対する考え方が研ぎ澄まされる

ITリテラシーが高まる

プログラマーになると、単にプログラミング能力が高まるだけではありません。

IT業界の情報に常に触れることになるので、ITリテラシーも必然的に高まっていきます。

以下のような情報は自然と身に付いたり、吸収していくことができます。

  • IT業界の全般知識
  • 世界の最新技術情報
  • 便利なツール、サービス

私の周りのIT業界に身を置いていない人と比べると、圧倒的にITリテラシーに差をつけることができます。

プログラマーを辞めてからも気になるIT関連情報は仕入れていますし、ITリテラシーが高い方がこれからの時代有利なので、こういった意味でもメリットはあります。

個人で稼げるスキルが身につく

プログラマーは個人で仕事を受注しやすい職業です。

フリーランスとして活動したり、クラウドワークスなど仕事マッチングサイトを利用すれば個人でも仕事を受注しやすいです。

会社をやめて次の就職先が決まるまで仕事がない、といった状況でもプログラミングを使って収入を得ることはできます。

また、本業とは別に副業で稼ぐといったことも可能です。

これからは個人で稼ぐ時代とも言われているので、会社に依存しない稼ぎ方のひとつとして、時代にマッチしたスキルになります。

再就職ができる可能性が高い

いちど他の業界に転職したとしても、またプログラマーとして再就職するという選択肢も考えることができます。

年齢的な問題もあるとは思いますが、多少ブランクがあったとしても即戦力として働いていくことは可能です。

経済産業省が発表しているIT人材需給に関する調査でも、IT人材不足が今後も増え続けるというデータが発表されています。

プログラマーの需要は今後も伸びていくので、一度プログラマーから離れたとしても、身に付いたスキルを生かせば、再就職するにも大きなハンデにはなりません。

言い方は悪いですが、会社を選ばなければ就職先は十分にあるといってもいいかと思います。

リスクに対する考え方が研ぎ澄まされる

システム開発をしている人ならわかると思いますが、とにかくバグやエラーに対してかなり敏感になります。

万が一にも本番稼働でエラーが起きると、システム開発を依頼してきたお客さんに迷惑をかけることになりますし、規模によっては大惨事になるからです。

例えば、銀行のシステムがバグにより機能しなくなった場合、かなりの大惨事になることは想像できるかと思います。

このようにプログラミングでシステムを作ることは、かなりデリケートな作業になります。

そのため、次のような感覚はかなり身につきます。

  • バグを生み出さないように、ありとあらゆる可能性を考える
  • リスクに対する考え方が研ぎ澄まされる

プログラミングを学んだことによって、リスクに対する考え方はかなり高まったと感じています。

プログラマーのデメリット

10年経験して感じたプログラマーのデメリットを解説します。

派遣社員みたい(客先常駐)

システム開発は、セキュリティの関係やプロジェクト進行を考慮して、客先常駐という勤務スタイルが多くなります。(特に下請け企業の場合)

私は10年同じ会社に勤めましたが、7年以上は客先常駐でした。

正社員なのに派遣社員みたいな感覚です。

まさかここまで客先常駐が多いとは思いもせず、自社にいる時間より客先にいる時間の方が長いので、会社への帰属意識も徐々に薄れていきました。

今の会社に所属している意味はあるのか?

こんな風に考えるようになっていました。

また、客先常駐となることで次のようなデメリットがでてきます。

  • 自分の仕事ぶりを見ていない上司に給与評価される
  • 自社の社員との関係性が薄くなりがち
  • 常駐先が変わるので通勤が不便

自分には客先常駐というスタイルは合いませんでした。

関連記事:【嫌いです】常駐歴7年の元プログラマーが語る客先常駐のデメリット

一人で客先常駐することもあり孤独を感じることも

私の場合は、チームとしてではなく1人で常駐していることも多く、かなりの孤独を感じることもありました。

1人の場合、気軽に話せる人がいないので多忙な現場になるとストレスがたまります。

自分の会社との人間関係も希薄になってきますし、疎外感を感じるようになってくることもあります。

長時間労働の現場はまだある

大手企業などでは「残業を減らそう」という現場も増えてきました。

しかし、結局は決められた期限までにシステムを作り上げなければいけないわけで、スケジュールによっては、かなりの残業をしなければいけない現場はまだまだ多いです。

この決められた期限というのがネックで、システム発注側が「いついつまでに新しいサービスをリリースしたい」と思っているので、この期限内でシステムを作り上げるしかありません。

実際問題、システム開発というのは、当初の設計・スケジュール通りに進まないということもあります。

どこかで設計にズレが生じると、スケジュールに遅れが出て、厳しい労働環境になってしまいます。

こういった現場は、システム開発の世界ではまだまだ多いです。

働きすぎやプレッシャーに押しつぶされて、うつになってフェードアウトしていった人も何人か見てきました。

もちろん現場によりますが、長時間労働しなければいけない現場もあるということを覚悟しておいた方がいいです。

面談がある

客先に常駐する場合は、基本的にはプロジェクト先の責任者と面談があります。

常駐先が変わるたびに面談を受けることになります。

  • いままでどんなプロジェクトに参加してきて、どんな仕事をしてきたのか
  • いままで苦労してきたことは?どう乗り越えた?
  • ○○のスキルはある?

現場によって面談内容はまちまちですが、上記のような内容を聞かれます。

面談が苦手な人だったり、自分を売り込むのが苦手な人にとってはデメリットに感じると思います。

通勤がまばらになりがち

常駐期間というのは、数ヶ月から年単位と様々です。

なかには1ヶ月だけというワンポイント常駐もありました。

とにかく勤務先が固定されないので通勤が面倒です。

  • 始業が早い現場は毎日の通勤は満員電車
  • 家から遠い現場にアサインされたら、朝早くから1時間30分もかけて通勤
  • 駅から徒歩20分の現場(夏は最悪)

こんな感じで場合によっては通勤が面倒な現場もあります。

定期券も都度変えなければいけないですし、朝起きる時間も現場によって異なります。

健康によくない

プログラマーは基本的には、1日中PCと向き合っています。

ミーティングなんかもありますが、PCと向き合っている時間の方が圧倒的に長いです。

  • 目が疲れる
  • 肩が凝る
  • 運動不足になる

あまり健康にいい仕事とはいえません。

仕事帰りにジムに通うなり、休日にウォーキングなり運動をするようにしたほうがいいです。

まとめ

プログラマーを10年経験して感じたプログラマーのメリット・デメリットを紹介しました。

私の場合は、SIerで働くプログラマーだったのでデメリットが多くあったと思います。

結局はプログラマーはやめてしまいましたが、個人で稼げるスキルが身についたという意味でもプログラマーを経験して良かったと思っています。

  • フリーランスであれば働く場所を選ばずに仕事ができる
  • これからの時代を考えても需要がある
  • 個人で稼ぐ時代にもマッチしたスキル

他の業界とは違い働き方も自由度が高いのがプログラマーです。

今までの会社員のような働き方ではなく、会社に捉われない働き方をしたい、という人はプログラマーという職業は一つの選択肢になります。

プログラミングを身につけることによって、稼ぐ手段の1つとなることは間違いありません。

プログラマーが気になっているという人の参考になればと思います。