WORK

プログラミングは独学でも習得できるの?【結論:可能だけどハードルは高い】

プログラミングの経験がないけど、これからプログラマーになってみたい。

だけど、プログラミングって独学で習得できるの?

こんな疑問を持っている人もいるかと思います。

結論からいうと、独学でもプログラミングを身につけていくことは可能です。

ただし、ハードルは高いということは覚悟しておかなければいけません。

本記事では「プログラミングは独学でも習得はできるけどハードルは高い」ということについて解説したいと思います。

プログラミングの独学はハードルが高い理由

今までプログラミングの経験がなくても、独学でプログラミングを身につけることは可能です。

ただし、独学での習得はハードルは高いことは覚悟しなければいけません。

というのも、プログラミング学習の難関として次の2つがあげられます。

  1. 習得に時間がかかる
  2. 初心者のうちはエラーコードの原因を修正するのが困難

プログラミングの習得には時間がかかる

まず1つ目が、プログラミングの習得には時間がかかること。

会社に入って行う新人研修の話をすると、通常は2〜3ヶ月のプログラミング学習を行います。

しかし、2ヶ月や3ヶ月程度では、実際の現場で通用するレベルにはなりません。

研修を終えて実際のプロジェクトに配属されたら、先輩社員に見てもらいながら仕事をこなしていきます。

要は、勉強をしながら仕事をしていくのが普通で、会社の研修でも十分な勉強とは言えないのが現実です。

しっかりしたスキルを付けるには最低でも半年以上はかかるのが普通です。

こういったレベルの勉強を独学で身につけるのは、かなり大変ですし、挫折しないメンタルも大事になってきます。

プログラミングを独学で習得するには、最低でも3ヶ月〜半年はみたほうがいいです。

疑問点や問題点を解決しにくい

2つ目が、初心者のうちはエラーコードの原因を修正するのが困難だということ。

プログラミングは、正常なコードを書かないとエラーとなってしまいます。

しかし、

  • このエラーの原因は何なのか?
  • エラーの原因をどう直せばいいのか?

というのは、初心者のうちはかなり困難です。コードを書いてもエラーとなることは多く、その度にエラーとなる原因を解決してかなければいけません。

エラーが起きる→原因を探す→解決するために自力で調べる

またエラーが起きる→原因を探す→解決するために自力で調べる

といった感じで、心が折れるようなことをひたすら繰り返すことにもなります。

エラーの原因を解決する方法は、ネットを調べれば解決することは可能ですが、なぜそういった原因になるのか自力で理解していくのは難易度が高いです。

原因がわからない、どう修正すればいいかわからない、という状況になると1つの問題を解決するのに何時間もかかることもザラです。

ときには「まったくもって解決方法がわからない。完全にお手上げ」ということもあります。

これが繰り返されると、

  • プログラミングに楽しみを見いだせない
  • 自分にはプログラミングは向いていない

といった感じで挫折していく原因になっていきます。

プログラミングを独学で習得する方法

プログラミングを学習できる環境は、ここ近年かなり整ってきています。

  • 豊富な技術本
  • プログラミング学習サイト
  • プログラミング学習動画

また、翻訳精度も高くなってきているので、海外サイトの情報も得やすくなっています。

学習環境はどれでもいいですが、まずは入門のものから始めて、基礎をしっかり理解してくことに注力していきましょう。

そして、見たり聞いたりしているだけでなく、必ず手を動かしてコードを書いていくこが重要です。

実際にコードを書いて動かしていくことで、小さな成功体験を積んでいくことができます。

小さな成功体験を積んでいくことで、プログラミングに楽しみを見出すことができるようになり、挫折を防いでいくことができます。

プログラミングを習得するには時間もかかるし、身につけていくためには根気が必要となります。

そのため、独学の場合、中途半端な気持ちで習得しようとすると挫折する可能性が高いことは覚えておかなければいけません。

ただし、書いたコードが動くことに感動を覚えたり、こういったエラーを解決していくのが楽しいと思えたりする人はどんどん上達していきます。

まとめ

プログラミングは独学でも習得可能なのか解説してきました。

  • よっぽどプログラミングに興味がある
  • プログラミングを学ぶ強い熱意がある
  • プログラミングをしていく中で楽しさを感じる

こういった人は、どんどんプログラミングが上達してきます。

逆に以下のような人は、挫折しやすいと言えます。

  • エラーばかりでなかなか先へ進めない
  • プログラミングに楽しみを感じない

独学でプログラミングを身につけることは十分に可能ですが、どうしても挫折しやすいというデメリットがあります。

このような場合は、プログラミングスクールも1つの選択肢として考えてみたほうがいいです。

関連記事:【30代向け】プログラマー歴10年の私がおすすめするプログラミングスクール3社