クレカ・ポイント

エポスポイントを効率的にためる方法を紹介!ポイントUPサービスを使い倒そう!

エポスカードは、特典豊富で使い勝手はいいけど、ポイント還元率が低いのがデメリット。

「もっとポイント還元率が高ければいいのに」「エポスカードで効率よくポイントを稼ぐ方法はないの?」と感じている方も多いはず。

本記事では、こいった疑問を解決するために、エポスカードで効率よくポイントをためる方法を紹介したいと思います。

この記事を書いている私は、56,000ポイントをためています。リボ払いを利用して、還元率をあげるといったこともしていません。

これから解説していく、エポスカードのポイントアップサービスを利用するだけで、効率よくエポスポイントをためていくことができます。

【大前提】エポスポイントをためるならゴールドカードが必須!

ゴールドカードが必要な理由

エポスポイントをためる上で、エポスゴールドカードにしておくことは必須です。

その理由は2つあります。

  1. 「選べるポイントアップショップ」でポイント還元率が1.5%
  2. 利用金額に応じたボーナスポイント

まず1つ目が、ゴールド・プラチナカード限定のサービスの「選べるポイントアップショップ」を利用すれば、ポイント還元率が1.5%になること。(選べるポイントアップショップについては後ほど解説します)

ポイント還元率1.5%というのは、数あるクレジットカードの中でもトップクラスの還元率を誇ります。

2つ目が、年間利用額に応じたボーナスポイントがあること。(こちらも後ほど解説します)

利用額によっては1万ポイントも変わってきます。

もちろんノーマルカードでも良いですが、特定の条件を満たせば、エポスゴールドカードは年会費無料で持つことができるので、ぜひゴールドカードへの移行を検討してみてください。

ゴールドカードを年会費無料で利用するには?

気になるゴールドカードの年会費ですが、直接申し込んだ場合は、年会費で5,000円かかってしまいます。

しかし、次の条件のどちらかを満たせば、エポスゴールドカードを年会費無料で持つことができます。

  • インビテーション入会で年会費永年無料
  • 年間50万以上の利用で翌年以降は年会費無料

ノーマルカードから作成して、インビテーションでゴールドカードを取得するのが、年会費がかからずおすすめです。

エポスゴールドカードのインビテーションを貰うには、利用期間は半年~1年、決済額は50万円以上が目安とされています。

ちなみに私の場合、エポスノーマルカードの発行からゴールドカードのインビテーションが来るまでの実績は、利用期間はちょうど6ヶ月で、利用合計金額は113万円でした。

毎月5万円くらいの決済を続けていれば、半年から1年以内にインビテーションをもらうことができます。

日常の支払いや、固定費の支払いをエポスカードに集約すれば、決してハードルの高い金額ではないはずです。

エポスポイントを効率よくためる方法を解説

エポスポイントを効率よくためるには、次に4つをおすすめします。

  1. 選べるポイントアップショップを利用する
  2. たまるマーケットを利用する
  3. ボーナスポイントを狙う
  4. キャンペーンを利用する

これらを利用するだけで、簡単に還元率をあげることができます。

それでは、ひとつずつ解説していきます。

1.選べるポイントアップショップを利用する

「選べるポイントアップショップ」というサービスは、エポスカードと提携している300以上のショップで、エポスカードを利用すればポイントが3倍になるサービスです。

つまり、エポスカードの通常ポイント還元率0.5%に、選べるポイントアップショップ分のポイント1%が加算され、合計で1.5%のポイント還元率を実現することができます。

たとえば、電気代が毎月1万円だとして、年間12万円決済した場合を見てみます。

 カード利用金額 通常 選べるポイントアップに登録
年間12万円 600ポイント 1,800ポイント

年間で1,200ポイントの差が出ます。

選べるポイントアップショップは、3つまで選ぶことができるので、さらに大きなポイント差になってきます。

選べるポイントアップショップは、多様なジャンルが対象となっています。

対象ショップやサービスもメジャーな店舗が多数揃っているので、普段の生活で利用できるものが豊富です。

ただし、以下の点には注意が必要です。

  • ポイントアップするショップは、登録後3ヵ月間変更ができない
  • ショッピングセンター、アウトレット、ディスカウントショップ、百貨店の中にある店舗などは対象外
  • エポスVisaプリペイドカード利用分は対象外

 

ただ、ここで思うのは対象ショップが3つだけだと、あまり魅力がないように思います。

しかし、とあるサービスを選択することで、日常の買い物を常に1.5%のポイント還元にすることができます。

 

それはモバイルスイカへのチャージです。

 

モバイルスイカへのチャージに設定すれば、特定のショップに依存せずにポイントをためれるのがメリット。

モバイルスイカは全国ほとんどの店舗で使えるといってもいいでしょう。つまり、モバイルスイカへチャージして利用することで、日常的に1.5%還元を受けているのと同じことになります。

選べるポイントアップショップのおすすめは、こちらの記事で解説しています。

https://trans-trick7.com/credit-point/epos-point-up-shop-recommend/

 

2.たまるマーケット経由で買い物をする

「たまるマーケット」とは、ネット通販専用のポイントアップサイトです。

使い方は簡単で、「たまるマーケット」を経由して、買い物をするだけで、ショップに応じた還元率のポイントを獲得することができます。

対象ショップは、ショッピングサイト、旅行予約サイト、レストランなど400ショップ以上です。

2倍〜最大30倍のポイントがもらえるので、ネットショッピングをする際は「たまるマーケット」に対象ショップがあるか確認しましょう。

「たまるマーケット」と「選べるポイントアップショップ」は併用が可能です。

たまるマーケットを経由して利用したショップが、選べるポイントアップショップの対象であれば、ボーナスポイントの対象となりますので、さらにおトクにご利用いただけます!

例えば、加算ポイントが「たまるマーケットで5倍」、「選べるポイントアップショップで3倍」となるショップでのご利用の場合、「通常ポイント(1倍分)」に加え、ボーナスポイントは「たまるマーケット」で4倍分、「選べるポイントアップショップ」で2倍分の合計6倍分が加算されます。

※ただし一部のショップで対象外となる場合がございます。

引用:エポスカード:よくある質問

 

3.ボーナスポイントを狙う

エポスゴールドカードには、年間の利用額に応じて、ボーナスポイントがもらえます。

年間50万以上 年間100万以上
2,500エポスポイント 10,000エポスポイント

 

このボーナスポイントに関しては、無理に狙う必要はありません。

しかし、普段の買い物での支払いや、固定費などをエポスカードに集約した場合、年間100万円の決済ができるかどうかは、確認してみる価値はあると思います。

年間100万円の決済をするには、毎月約85,000円の支払いになります。

  • 公共料金
  • 保険料
  • 食費
  • 日用品・雑貨

など、日々の支払いをエポスカードに集約して、毎月85,000円の支払いになるか確認してみましょう。

 

4.キャンペーンを利用する

エポスカードでは、定期的にポイントアップキャンペーンを実施しています。

キャンペーン対象のショップでエポスカードを利用することで、10倍~20倍のポイントが還元されることもあります。

かなりの大サービスなので、定期的にチェックするとお得なキャンペーンに巡り会えるかもしれません。

この記事を書いていときは、モンテローザ系列でのポイント大還元キャンペーンを開催しています。

【まとめ】エポスカードのサービスを使い倒して、効率的にポイントを貯めよう!

エポスカードはポイント還元率0.5%というイメージが強く、ポイント面ではあまりお得に感じていない方も多いかと思います。

しかし、エポスカードの実施しているキャンペーンを利用すれば、高還元カードに早変わりです。

ポイント高還元、豊富な特典を考慮すれば、普段使いのカードとしても非常に便利で、メインカードとしてもおすすめできるクレジットカードです。

ポイントアップサービスを使い倒して、ザクザクポイントをためていきましょう!

参考リンク:

たまったエポスポイントの効率的な使い方はこちらの記事で解説しています。

https://trans-trick7.com/credit-point/epos-point-usage/