クレカ・ポイント

個人事業主のクレジットカード審査は実績が重要!? ANA VISA一般カードは速攻で審査通過!

以前こちらの記事で、個人事業主として初めてソラチカカードを作成したときに、厳しめの評価を受けたと書きました。

https://trans-trick7.com/credit-card/sorachika-examination-period/

審査に1週間、なおかつJCBからの確認電話もあり、発行されたカードの限度額上限は20万円とかなり厳しい評価でした。

ソラチカカード発行から3週間後、今回は「ANA VISA一般カード」の申し込みをしました。

個人事業主としてANA VISA一般カードを申し込み

7/17(火)20時に申し込んだところ、7/18(水)11時にカード発行のメールが。

ソラチカカードの時とは違い、速攻で審査に通過しました。

ANA VISA一般カード申し込み資格は

満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)

としか記載がないので、審査のハードルは低いと思います。

ソラチカカードの審査のこともあり、正直かなりびびっていましたが、この審査スピードからすると、特に不安視する必要がなかったのかもしれません。

ANAワイドゴールドカードになると申し込み資格が

「原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」

※ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます。

と記載があるので、より厳しい審査になっていたかもしれません。

本当はANAワイドゴールドカードを申し込みたかったのですが、審査落ちを不安視するあまり、ANA一般カードの申し込みにしてしまいました。

ポイントサイトでのクレジットカード発行案件でANAマイルを貯めたいというのもあり、審査落ちは避けたいというのがありました。

ちなみに、カード発行時の限度額は50万円でした。

一般カードで50万円であれば、悪くない評価課と思います。

しかし、ガンガン使い込める額ではないので、しばらくANA一般カードで実績を作って、ANAワイドゴールドカードへの切り替えを狙いたいと思います。

個人事業主のクレジットカード作成は利用実績が大事!

今回申し込んだANA VISA一般カードとソラチカカードの審査期間にはかなりの差がありました。

なぜこれだけ差がついたのかを考えてみると、発行会社での利用実績が一番の理由かと思います。

今回のANA一般カードは三井住友カードが発行会社となっています。

三井住友カードが発行している「三井住友VISAゴールドカード」は、普段から頻繁に利用しています。支払い遅延もなく、過去のトータル利用額も500万円以上はあります。

逆にJCB発行カードは保持したことがありませんでした。

今回発行したANA VISA一般カードは審査基準が低いというのもありますが、個人事業主でもカード発行会社の利用実績がある程度あれば、審査落ちをそこまで心配する必要はなさそうです。

https://trans-trick7.com/sedori/credit-point/yahoo-japan-card/