Agodaの3つの支払い方法を詳しく解説!クレカ不要でも宿泊できる!

本ページはプロモーションを含みます。

Agoda(アゴダ)を利用すると、世界中の宿泊施設を手軽かつリーズナブルに見つけることができます。

そんなAgodaですが、「Agodaでホテルを予約したいけど、支払い方法って何があるの?」と気になっている方もいるかと思います。

そこで本記事では、Agoda(アゴダ)の3つの支払い方法「今すぐ支払い」「後日支払い」「現地支払い」を詳しく解説します。

それぞれの特徴と利用時の注意点を知ることで、自分にあった決済方法で予約をすることが可能になります。

これからのAgodaでホテル予約をしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

アゴダ(Agoda)を5%お得に利用する方法

アゴダでさらに5%のポイントを貯める方法をご存知ですか?

ポイントサイト「ハピタス」を利用することで、アゴダの利用金額の5%がポイント還元されます。(航空券は対象外)

ハピタスは、掲載されているショップやサービスを利用することでポイントが貯まるポイントサイトのこと。

貯めたポイントは、現金は電子マネー、ギフト券、マイルなどに交換することができます。

ハピタス公式サイト

無料で簡単に利用できるので、ぜひ利用してみてください。アゴダ利用者の必須サービスですよ。

関連記事:ハピタスでANA・JALマイルをガッツリ貯める方法と交換ルートを紹介!

目次

Agodaの3つの支払い方法

Agodaでは、以下の3つの支払い方法があります。

  • オンライン決済(今すぐ支払い)
  • オンライン決済(後日支払い)
  • 宿泊施設へ直接支払い(現地決済)

どの支払い方法が利用できるかは、宿泊プランごとに確認することができます。

オンライン決済(今すぐ支払い)

「今すぐ支払い」は、予約と同時に支払いを行う方法です。

宿泊プランに記載されている「今すぐ支払い」

クレジットカード、デビットカード、PayPalを使って支払うことができます。

クレジットカードのブランドは、Visa、MasterCard、American Express、JCBといった主要なカードブランドに対応しています。

ただし、キャンセル不可のプランもあるので、キャンセルする可能性がある場合は注意しましょう。
関連記事:Agoda(アゴダ)の予約キャンセル方法【注意点あり】

オンライン決済(後日支払い)

「後日支払い」は、先にホテル予約だけを行い、指定日に自動的に決済される支払い方法です。

宿泊プランに記載されている「後日支払い」

Agodaで予約する時にクレジットカードやデビットカード、PayPalの情報を入力します。

予約から支払いまでに時間があるので、「クレジットカードの締日が過ぎてから決済したい」「他の予約サイトもチェックしたいけど、満室になるのは避けたい」といったように、仮に予約だけしておきたいときに役立ちます。

ただし、宿泊する予定がなくなった時にキャンセルを忘れたり、決済日までにクレジットカードの有効期限が切れてないかといった注意も必要です。

宿泊施設へ直接支払い(現地決済)

宿泊施設によっては現地決済も可能で、ホテルのチェックインまたはチェックアウトする時に直接支払うことができます。

宿泊プランに記載されている「宿泊施設へ直接支払い」

支払い方法は宿泊施設によって異なりますが、多くの場合、現金とクレジットカードに対応しています。

ただし、小さな家族経営のホテルやホステル、ゲストハウスでは、現金のみしか受け付けていないこともあるので注意が必要です。

逆に現金は受け付けていないホテルもあったりするので、事前にホテルで利用できる支払い方法を調べておきましょう。

宿泊施設へ直接支払い(現地決済)は、「クレジットカードを持っていない」「クレジットカード情報を入力したくない」「友達やカップルで宿泊して、現地で割り勘したい」といった場合に便利です。

Agodaで「クレジットカード不要」の宿泊施設を探す方法

オンライン決済は便利ですが、なかには「クレジットカードを持っていない」「クレジットカードで支払いをしたくない」といった方もいる方と思います。

Agodaに掲載されている一部の宿泊施設では、クレジットカードがなくても部屋の予約が可能です。

このような宿泊施設は、検索結果で簡単に見つけることができるので、探し方を紹介します。

「クレジットカード不要」に対応している施設は数が少なめなので、選択肢が少なくなる点に注意です。

宿泊施設の検索画面の絞り込み条件で、支払いプランの「クレジットカード不要」にチェックを入れます。

支払いプランの「クレジットカード不要」にチェック


「クレジットカード不要」でも宿泊できる施設に絞り込みができるので、ホテルを選びます。

宿泊施設のプラン一覧から、「クレジットカード不要」と記載されているプランを選択すればOKです。

「クレジットカード不要」と記載されているプランを選択

「クレジットカード不要」の場合は、宿泊施設へ直接支払うことになるので現地で支払いをしましょう。

Agodaの支払い方法に関するよくある質問

Agodaでコンビニ決済はできる?

Agodaでは、コンビニ決済による支払いはできません。

「クレジットカード不要」のプランを選べば、現地で直接支払いをすることで予約ができます。

どうしてもコンビニ払いをしたいという方は、Visaプリペイドカードのバンドルカードを利用するのも1つの手段です。

Agodaで現金払いはできるの?

支払い方法で「宿泊施設へ直接支払い」が選べる場合は、現地で直接決済することになるので、現金払いで支払いができることも多いです。

ただし、なかには現金払いに対応していない宿泊施設もあります。宿泊施設が現金支払いに対応しているか、事前に確認しておきましょう。

領収書はもらえるの?

どの決済方法でも領収書は発行可能です。

オンライン決済(すぐ支払い、後日払い)の場合は、Agodaマイページから領収書を発行できます。

Agodaマイページから領収書を発行する手順

Agodaマイページの「予約照会」から施設の予約詳細ページを表示。「電子領収書をEメールで送信する」を押すとメールで領収書(PDF形式)を受け取ることができます。

直接現地で支払いをする場合は、ホテルから領収書を発行してもらいます。ただし、ゲストハウスや一部の海外施設ではもらえない場合があるので注意です。

予約後に支払い方法を変更できる?

Agodaでは、予約後に支払い方法を変更することはできません。

支払い方法を変更したい場合は、一度予約をキャンセルし、再度別の決済方法で予約を行う必要があります。

ただし、宿泊料金は常に変動しているので、再予約時に料金が高くなっている可能性があることにご注意ください。

まとめ

この記事では、Agodaの3つのな支払い方法「現地支払い」「今すぐ支払い」「後日支払い」について詳しく解説しました。

自分の旅行スタイルや状況に合わせて、最適な方法を選んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海外一人旅が好きなフリーランス。旅のスタイルはリュック1つの身軽旅。訪れた国の旅行記をメインに書いています。サウナ好き(サウナ歴10年、サウナ・スパプロフェッショナル取得)。

目次