ルーマニア

シビウ大広場にあるカフェ併設のおしゃれホテル「Rabit Hole」に泊まってみた。

ルーマニア3泊4日のひとり旅で訪れたシビウ。

そのシビウ大広場に面する、カフェを併設したホテル「Rabit Hole」に宿泊しました。

【Agoda公式サイト】Rabbit Hole

シビウ観光に適したリッチ、カフェも併設しているので食事もできる便利なホテルだったので、本記事で紹介したいと思います。

Rabit Holeの基本情報

Rabit Holeの場所

Rabit Holeはシビウ大広場に面しています。

シビウバスターミナルからシビウ大広場までは歩いて10分ほど。

 

ホテルの中はこんな感じ。かなりおしゃれな雰囲気です。

Rabit Holeの部屋の紹介

宿泊プランは、4000円台、6000円台、1万円台といったグレードがありますが、私が宿泊したのは「スーペリアダブルルーム」。1泊4500円くらいでした。

AgodaでRabbit Holeの料金をチェックする

部屋は入り口を入って、テーブルルーム、左にベッドルーム、右にバスルームといった感じで横1列に長い作りでした。

こちらは部屋に入ってすぐのテーブルスペース。

 

入り口左側のベッドルーム。テーブルスペースと分かれているいのでちょっと狭いですね。

 

入り口右側のバスルーム。

 

部屋は24m²ありますが、ベッドルームとテーブルスペースが分かれているので、1部屋自体は狭く感じますが、1人で泊まるには十分な広さといえます。

造り自体は少しチープさは感じられますが、全体的に清潔感がありいい香り。

アメニティは基本的なものは揃っています。

Rabit Holeに泊まってみた感想

Rabit Holeに泊まってみて良かった点は次のとおり。

  1. スタッフがフレンドリー
  2. 立地が抜群
  3. カフェ併設なので食事が便利

スタッフがフレンドリー

ホテルのスタッフは、若いイケメン2人に美女1人のスーパールックスなスタッフでした。

しかもとてもフレンドリーです。

チェックインのときやカフェで食事をした時は、美人のお姉さんが対応してくれたのですがとても親切。

若いイケメン2人も常に笑顔で対応してくれて、とても気持ちのいい感じで過ごすことができました。

リッチが抜群

立地に関しても、シビウ大広場に面しているので、シビウ観光のメインとなる場所へのアクセスは抜群にいいです。

近くには、カフェ、レストランなど食事できるところもたくさんありますし、お土産を買うにもいいでしょう。

シビウ観光の拠点としては抜群の立地かと思います。

カフェ併設なので食事が便利

カフェが併設しているので、いつでも食事が取れるのが便利かと思います。

カフェはお酒中心のバーと食事中心のカフェという感じでエリアが分かれています。

私は時間の都合上、夕食しか食べていませんが、どの時間帯でも食事できるのは便利かと思います。

 

泊まってみてデメリットに感じた点は特に見当たりませんでした。

1泊4500円に対して、立地、部屋、接客どれをとっても十分に感じました。

ホテル予約サイトAgodaの評価をみても、高評価なのも納得です。

まとめ

シビウ大広場にあるカフェ併設のおしゃれホテル「Rabit Hole」に泊まってみた感想を紹介しました。

私は、フネドアラからブカレストへ帰る際に、せっかくだから寄ってみるかという軽い気持ちでしたが、雰囲気のいい素敵な街でした。

時間の都合上、長い時間観光することはできませんでしたが、それでも立ち寄って良かったと思える街でした。

シビウ自体は大きな街ではないので、1日もあれば十分に観光できますが、1泊する予定があるのであれば、「Rabit Hole」を利用してみてはいかがでしょうか。

【Agoda公式サイト】Rabbit Hole

目の前の大広場は、夜の雰囲気も綺麗でいい感じですよ。