お得なネット利用!海外旅行におすすめのSIMカードと活用術

本ページはプロモーションを含みます。

海外旅行に必須のアイテムといっていいスマホですが、旅先で快適にインターネットができることは重要です。

とはいえ、国際ローミングを利用すると通信費が高くなってしまうのがデメリット。

そこでぜひ利用したいのが、海外SIMカードです。

海外SIMカードを使えば、国際ローミングに比べてリーズナブル、そして現地の空港に降り立ってからすぐにインターネット接続できるメリットがあるからです。

本記事では、海外SIMカードの購入と活用について解説したいと思います。

※海外SIMカードとモバイルWi-Fiルータどっちにするか迷っている方は、海外旅行はSIMカードとWiFiルーターどっちが最適?選び方とおすすめサービスを紹介をご覧ください。

目次

海外SIMカードのメリット

日本でプリペイドSIMを購入するメリットを解説します。

通信費が安い

レンタルWi-Fiやキャリアローミングより安く利用することができます。

  • 海外向けのレンタルWi-Fi料金の平均は1日1000円〜
  • キャリアの海外ローミングサービスは1日2000円〜

といった感じで1日当たりの金額が高くなります。

それに比べて、海外用のプリペイドSIMであれば、1日数百円と格安で利用できます。

現地到着後すぐに利用できる

海外SIMカードは、現地に到着した直後からインターネットに接続することが可能です。

これにより、空港でWi-Fiに接続する必要もないですし、空港からの移動や滞在先のホテルに到着するまでの間もスムーズにネットが利用できます。

海外SIMカードのデメリット

日本でプリペイドSIMを購入するデメリットを解説します。

SIMフリースマホを用意する必要がある

海外SIMカードを利用するには、SIMロックが解除されたスマホが必要です。

SIMロック解除されていないスマホを海外でSIMフリースマホとして使いたい場合は、通信会社に連絡をしてSIMのロックを解除する必要があります。

SIMフリースマホを買うにしてもお金は高くつきますし、現在SIMフリースマホを持っていない人には適していません。

複数台の利用ができない

SIMカードは1つの端末に対して1つしか利用できないため、モバイルWi-Fiのように1つで複数台のスマホをインターネット接続することはできません。

そのため、家族で旅行に行くといった場合など、複数人での利用を考えている場合にもおすすめしません。

変なショートメールが何通か届くことも

SIMカードによっては、何通かショートメールが届くこともあります。

こんな感じのショートメールが届いて少し煩わしいです。

海外SIMカードで送られてくるショートメール

もちろん無視して問題ありません。

海外SIMカードの購入方法

海外SIMカードの購入方法には、日本のオンラインショップでの購入、現地の空港での購入、旅行先での現地購入の3つの方法が一般的です。

それぞれの方法について詳しく説明します。

日本のオンラインショップでの購入

日本国内で事前に海外SIMカードを購入したい場合、オンラインショップを利用すると便利です。

現地でのSIM購入のやりとりがなくなるので、不要な手間が省けます。言葉の問題であったり、現地SIM販売者にスマホを手渡すのもちょっと不安といったこともあるかと思います。

日本でSIMを購入しておけば、こういった心配もありません。

Amazonや楽天などの大手通販サイト、専門のSIMカードショップなどで様々な種類の海外SIMカードが販売されています。

購入前にプランや料金、対応国、通信速度などを比較検討し、自分の旅行プランや通信ニーズに合ったSIMカードを選ぶことができます。

また、事前に購入しておくことで、旅行先に着いた直後からすぐにインターネットに接続することが可能です。

例えば、アジア16カ国で使えるこちらのSIMは、4GBで8日間使用できて1,500円です。

1日あたり187円とかなり安く利用することができます。

現地で購入した方が若干安いのですが、数百円程度の違いですし、そもそもが安いので日本で購入していった方がいいでしょう。

現地の空港での購入

海外旅行先の空港でSIMカードを購入する方法もあります。

多くの国際空港には、携帯電話やSIMカードの販売店があります。

空港で購入する場合は、その国で利用できるSIMカードが確実に手に入りますし、お店のスタッフがSIMカードをスマホに設定してくれるメリットもあります。

ただし、空港での購入価格は、オンラインショップや市内の販売店よりも高めに設定されていることが多いです。

旅行先での現地購入

旅行先の市内やショッピングモールなどで、携帯電話やSIMカードを取り扱う店舗を探し購入することもできます。

ただし現地で購入する場合、店舗探しに時間がかかることがあるため事前に調べておくことが望ましいです。

海外SIMカードの活用術

無料Wi-Fiと併用

海外SIMカードを使用している場合でも、現地の無料Wi-Fiを活用することでデータ通信量を節約することができます。

ホテル、カフェ、レストラン、観光地など、無料Wi-Fiが提供されている場所では、積極的にWi-Fiを利用するのもアリです。

スマホやタブレットのWi-Fi設定をオンにして、利用可能なWi-Fiに接続することで海外SIMカードのデータ通信量を節約できます。

ただし、無料Wi-Fiはセキュリティに不安があるので注意しましょう。

オフラインマップや翻訳アプリの活用

オフラインで利用できるマップや翻訳アプリを活用することで、通信量を抑えながら便利に海外旅行を楽しむことができます。

例えば、Googleマップでは、事前に目的地周辺の地図をダウンロードしておくことで、オフラインでも地図を参照できます。

また、Google翻訳アプリにもオフライン機能があります。オフライン機能を利用することで、通信量を節約しながら現地の言語を理解できます。

海外旅行におすすめのSIMカード

海外旅行におすすめのSIMカードを紹介します。事前に購入していきたい場合は参考にしてみてください。

ヨーロッパ旅行におすすめ「Three mewfi ヨーロッパSIM」

ヨーロッパ旅行には、イギリス大手の通信会社ThreeのプリペイドSIM「Three mewfi ヨーロッパSIM」がおすすめ。

72ヶ国対応の周遊プリペイドSIMなので、ヨーロッパ諸国をカバーしています。

使用期間は30日間で、10GBまでの利用が可能。日本語マニュアル付きなので、設定に不安がある方でも安心です。

アジア旅行におすすめ「AIS Sim2Fly」

アジア旅行では、タイ大手の通信会社AISのプリペイドSIM「AIS Sim2Fly」がおすすめ。

アジア16ヶ国対応の周遊プリペイドSIMで、韓国、台湾なども対象です。

使用期間は8日間で、4GBまでの利用が可能。4GBを超えた場合は128kbpsでの接続となります。

アメリカ旅行

アメリカ旅行では、アメリカの3大キャリアT-mobileのプリペイドSIM「T-Mobile アメリカSIM」がおすすめ。

日数ごとプランを選んで、データは期間内であれば無制限の使い放題が特徴。

日本語説明書付きなので安心です。

SIMカードの取り付け方法

SIMカードの取り付けは簡​​単で、1分もあれば完了します。

まず、スマホの側面にあるSIMカード専用スロットを開けます。SIMカードを取り出すには専用のピンが必要です。

専用ピンがなければ、クリップでも代用できます。

小さな穴があるので、ここに専用ピンまたはクリップの先で押すと開けることができます。

専用ピンまたはクリップの先で押す


SIMカード専用スロット取り出せるので、新しいSIMカードを収納してスロットを閉じればOKです。

新しいSIMカードを収納してスロットを閉じればOK

元々入っていたSIMカードは無くさないようにしっかり管理しましょう。

まとめ

海外SIMカードの購入と活用について解説してきました。

SIMフリースマホを持っているのであれば、海外SIMを利用してリーズナブルに旅をしましょう。

また、Amazonなどのネットショップで事前に購入しておくと、現地で購入のやりとりを省けるためかなり便利です。

利用方法も簡単なので、日本で購入していくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海外一人旅が好きなフリーランス。旅のスタイルはリュック1つの身軽旅。訪れた国の旅行記をメインに書いています。サウナ好き(サウナ歴10年、サウナ・スパプロフェッショナル取得)。

目次