ベトナム3泊4日の男一人旅①ホーチミン散策:グルメ・サウナ・カフェを満喫

本ページはプロモーションを含みます。

1年ぶりの海外一人旅ということで、ベトナム3泊4日の男一人旅に行ってきました。

今回の旅は、ベトナム、ラオス、タイの3カ国を20日間で周る海外一人旅。

その第一部として、ベトナム編をお送りします。

ちなみにベトナムでの滞在は、ホーチミンに2泊、ハノイに1泊の合計3泊4日となっています。

ベトナム一人旅の持ち物リスト・グルメ・注意点まとめ

目次

ベトナム3泊4日の男一人旅:ホーチミン1日目

21時30分、ベトナム・ホーチミンのタンソンニャット国際空港(SGN)に到着。

入国審査カウンターが混雑していて、30分以上もかかることに。入国審査では、入国カードもなく質問も1つもされず簡単に入国できました。

まずはいつものようにネット環境を整えます。SIMは事前に購入していたAIS SIM2Flyアジア32ヶ国プリペイドSIMカード

東南アジア旅行ではいつもお世話になっている安定のSIMカードで、差しこんでデータローミングをONにすればすぐにネットに繋ぐことができます。

次はベトナムドンの確保です。日本円はほとんど持っていなかったので、空港内のATMでお金を下ろします。

ATMで一度に下ろせるのは2,000,000ドンまでのようで、大きいお金を下ろしたい時は複数回に分ける必要があります。

ベトナムのお金は桁数が多いので計算がややこしいのが特徴。1,000ドンは6円なので、ベトナムドンの0を3つ消して、掛ける6をすると日本円の目安になります。

計算が面倒な場合は、通貨アプリの「Currency」を利用すると便利です。


観光の準備は整ったので、予約しているホステルへ向かいます。

空港を出たのが22時過ぎと遅い時間ですが、到着出口を出ると人がたくさん。東南アジア特有の空港出口の熱気です。

移動はもちろんGrabタクシー。余計な値段交渉をする必要もないですし、料金も自動決済なので便利です。

呼んだタクシーはすぐに見つけることができたのですが、空港内の駐車場でピックアップしてしまったので渋滞で全然進みません。

結局ホステル着は23時過ぎでした。

おしゃれホステル「THE LOVENOTE Tea & Herbs」

ホーチミンで宿泊するのが、THE LOVENOTE Tea & Herbsというホステルです。

中心部からは少し離れていますが、おしゃれで綺麗なホステルですし、Agodaの評価もいいので選んでみました。

THE LOVENOTE Tea & Herbsの外観
THE LOVENOTE Tea & Herbsの外観

タオル・アメニティ付き。全体的に綺麗で、スタッフも親切です。

入り口すぐのスペースがおしゃれです。

THE LOVENOTE Tea & Herbsの入り口前スペース

ベッドはこんな感じです。

THE LOVENOTE Tea & Herbsのベッド

ホーチミンの中心部からはやや離れた立地なのはデメリットですが、近くには屋台もたくさんありますし、ゆっくり過ごすにはいいホステルかと思います。

チェックインを済ませ、周りを少し散策することに。

ホステル近くの大通りはこんな感じ。

23時過ぎでも空いているお店が多く意外と賑やかな感じです。ただ、片付け作業に入っているお店ばかりなので食事はできず。

食事は諦めて、ホステルに来る途中タクシーから見えた綺麗にライトアップされた建物を見に行くことにします。

綺麗なライトアップの仏教寺院「Phap Hoa Buddhist Temple」

「Phap Hoa Buddhist Temple」という仏教寺院のようです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海外一人旅が好きなフリーランス。旅のスタイルはリュック1つの身軽旅。訪れた国の旅行記をメインに書いています。サウナ好き(サウナ歴10年、サウナ・スパプロフェッショナル取得)。

目次