マレーシア

クアラルンプール市街地の高層ホテル『イビス(ibs)』宿泊レビュー

マレーシア5泊6日のひとり旅で利用した『イビス・クアラルンプール・シティ・センター(ibis Kuala Lumpur City Centre)』。

クアラルンプール市街地にある高層ホテルです。2018年のオープンなので綺麗な上に、観光へのアクセスもなかなか良いホテルです。

ホテルのクオリティに対して、リーズナブルに泊まれるのもメリットです。

この記事では、イビスに泊まってみた感想を紹介したいと思います。

マレーシアのホテルに宿泊の際は旅行者税として、1ホテル1泊につき10リンギットを支払う必要があります。

イビス宿泊レビュー

 

私が到着したのは金曜日の午前11時。チェックインは12時になるとのことで、1時間ロビーで待ちました。

 

ロビーのテーブルにはコンセントもあるので、充電しながらPC作業もできます。奥にもさらにスペースがあります。

イビス基本情報

立地としては抜群にいいわけではないですが、ペトロナスツインタワーやスリアKLCCまで徒歩10分くらいで行けるなかなかの好立地。

ブキッ・ビンタンまでは、タクシーで10リンギット前後でいけます。徒歩でも30分くらいでいけますが、タクシーを使ってしまった方が便利かもしれません。

デメリットとしては、ホテル周りは車が多くあまり空気がよくないです。また、歩道もせまくちょっと歩きにくい感じもあります。

食事するところもややバラけている感じなので、スリアKLCCあたりに行くといいかもしれません。

関連記事:【マレーシアひとり旅】クアラルンプールのおいしかった食事を紹介!

部屋

予約したのは、スタンダードルーム、朝食付きのダブルベッド。料金は約6000円。

Agodaで予約するときに、高層階希望、静かな部屋を希望にチェックを入れていました。

部屋は、26階とかなり高層階の部屋を用意してもらえました。クアラルンプールの街並みを見下ろせます。

 

夕方の街並みも綺麗です。

 

部屋の中はこんな感じ。2018年にオープンしたとあって綺麗な部屋でした。

決して広くはないですが、1人で泊まる分には狭すぎず広すぎず、ちょうどいい感じです。

 

アメニティに関しては、歯ブラシと石鹸くらいで、必要最小限といった感じ。

 

こちらはシャワールーム。シャワールームの石鹸はオールインワンのボディソープ。

イビスの設備とサービス

イビスの設備とサービスを紹介します。

朝食

朝食ビュッフェは、各国の料理がバランスよく取り揃えられている感じで、味・内容ともにまずまずといった感じです。

インフィニティプール

個人的にはホテル選びで重視しているプール。イビスはインフィニティプールが付いています。

しかし、かなり小さめなので、混んでいるときはベンチが空いていないことも。

とはいえ、高層階から見渡せるクアラルンプールの街並みは綺麗です。

夜のライトアップも綺麗で雰囲気もいい感じです。

営業時間:7時〜22時まで

フィットネスジム

イビスにはトレーニングジムも付いていますが、設備としてはイマイチです。

ランニングマシンが数台と、オールインワンタイプのトレーニングマシンが1台のみ。

ダンベルすらないのはちょっとさびしい。

営業時間:24時間

まとめ

ホテル自体も部屋も綺麗で、なかなかのインフィニティ・プールもあり、価格と立地を加味してもバランスの取れたホテルだと思います。

正直な感想として、ホテルのクオリティに対して、リーズナブルだと感じました。

ただし、ホテルの周りはまだまだ開発途中といった感じがあるので、ちょっと殺風景な感じは否めません。数年後にはまた変わった景色が見られるかなと思います。

とはいえ、観光の拠点としても悪くないですし、お得なホテルだと思います。

Movの予約はAgodaがおすすめです。Agodaはアジア圏のホテルに強い、宿泊ホテル予約サイトです。

他の海外ホテル予約サイトと比較しても、料金も安く、安心して利用できます。

【海外ホテル格安予約のAgoda】イビス クアラルンプール シティ センター

関連記事:【マレーシア5泊6日の男ひとり旅】1日目~クアラルンプール・ブルーモスクとペトロナスツインタワー~

関連記事:クアラルンプールのおしゃれでリーズナブルなホテル『Mov』宿泊レビュー