せどり

【中古せどり】コンディション「可」を味方につけて利益アップ!

Amazon販売をしている中で、なかなか売れにくいとされているコンディション「可」の商品。

仕入れ目線からいうと、利益が取れそうな商品を見つけても大きな瑕疵があると仕入れをしたくないものですよね。

しかし、コンディション「可」でも全然利益が取れます。

大きな瑕疵があるからといって、仕入れをスルーするのはもったいないです。

そこで本記事では、コンディション「可」を味方につけて利益をアップしよう、ということについて解説したいと思います。

【仕入編】コンディション「可」でも利益が取れるか検討する

利益が取れる商品を見つけても、何かしらの瑕疵がある場合、ライバルより不利になります。

  • 付属品が欠品している
  • 大きな傷がある
  • 本にマーカーや書き込みがかなりある

あくまで一例ですが、こういった商品はAmazonのコンディションガイドラインでは「可」にしなければなりません。

仕入れのリサーチをしている中で、利益を取れる商品を見つけても、上記のような目立つ瑕疵があると、仕入れをスルーする人は多いです。

しかし、ここで大切なのは、コンディション「可」でも利益が取れるかどうかチェックすることです。

世の中には、「商品の状態はあまり気にしないからとにかく安く買いたい人」もたくさんいます。

仕入れ価格とAmazon相場に十分な価格差がある場合、相場より少し下げて出品してあげれば、購入してもらえます。

なので、大きな瑕疵があるからといって仕入れをスルーするのではなく、相場より下げて出品することで利益が取れないかチェックしてみることが大切です。

【出品編】コンディション「可」でも購入率を上げる方法

コンディション「可」でも購入率をあげる方法を解説します。

それは次の2つです。

  • 必ず商品画像を掲載すること
  • 「可」にした理由を明記する

コンディション「可」の商品は必ず商品画像を掲載すること

古本を例にしてみます。

コンディション「可」で出品されている古本ってどんなイメージがありますか?

私だったら「汚くてボロボロな本」というイメージを抱いてしまいます。

もちろん人によって感じ方は違うのかもしれませんが、「可」の商品は状態が悪いイメージが強いですよね。

コンディション「可」は、ただでさえ状態が悪いイメージなのに、商品コメントだけだと「どのくらいコンディションが悪いのか」はっきりと確認することができません。

そこで、商品画像を載せてあげることで、具体的に商品の状態をお客さんに知ってもらうことができます。

あくまで私の体感レベルですが、コンディション「可」の商品はしっかり商品画像を載せてあげることで、他の「可」のライバル出品者よりも購入率が高いです。

「可」にした理由は明記する

商品コメントには、「可」にした理由を必ず明記したほうがいいです。

「付属CD付きの楽譜」を例に解説します。

この商品がコンディション「可」で出品されていて、商品コメントが次のような場合、購入者目線としてどう感じるでしょうか。

かなり抽象的に書かれているので、次の状態のうちどれに該当するのか分かりませんよね。

  1. 付属CDは付いているけど、状態がボロボロだから「可」
  2. 状態は綺麗だけど、付属品が欠品しているから「可」
  3. 付属CDも付いていない上に、状態もボロボロだから「可」

購入する側からしたら、どういった状態なのか判断することができません。

「付属CDに興味はないが、綺麗な状態の本が欲しい」人であれば、価格が安く②の条件に合致する商品を購入するでしょう。

また、中には「付属CDさえついていれば、本の状態はボロボロでもいい」という人もいるかもしれません。そういった人は①の商品を選ぶでしょう。

コンディション「可」で抽象的なコンディションの商品は、悪いイメージが先行するので購入率はかなり下がります。

なぜ「可」にしたのか、しっかり明記してあげた方が、購入する側としても納得して購入してもらえます。

【販売編】コンディション「可」を利用した販売テクニック

コンディション「可」とまではいかないけど「良い」にしてはあんまり良くないな、といった商品は思い切ってコンディション「可」で販売してみるのも1つの手です。

理由は次のとおり。

  1. 「良い」以上のライバルから価格を合わせられにくい
  2. 状態があまり良くない場合、他の「良い」の出品者より不利になる
  3. 実際は「可」にするほど状態は悪くないのでお得に感じてもらえる

 

1つ目の理由が、「良い」以上のライバルから、価格を合わせられにくいことです。

自分が仕入れた商品が「良い」で出品できそうだとして、ライバル出品者の商品が「可」の場合、わざわざライバルの「可」の商品に価格を合わせないですよね。

ほとんどの場合、「良い」以上のライバルが、「可」の商品に価格を合わせてくることはないので、最安値で売り切りを狙いやすいです。

 

2つ目の理由は、状態があまり良くない場合、他の「良い」の出品者より不利になるからです。

「良い」にしてはあんまり良くないなという場合、自分の商品がなかなか購入してもらえず、売れ残る可能性もあります。

それであれば、「可」にして最安値で売り切ったほうががいい場合もあります。

 

3つ目の理由は、実際は「可」にするほど状態は悪くないので、お得に感じてもらえるからです。

実際のコンディションとしては「良い」にしてもいいくらいなので、出品ページを見たお客さんも「そこまで状態悪くないじゃん」と判断してくれます。

そのためには、商品状態をしっかり把握してもらう必要があります。商品コメントをしっかり書き、商品画像を載せておきましょう。

まとめ

コンディション「可」を見方につけて利益アップをしよう、ということについて解説しました。

本記事をまとめると次のとおり。

【仕入れ】瑕疵ありの商品を見つけた場合、コンディション「可」でも利益が取れるかチェックすること

【出品】画像と「可」にした理由を明記して購入率をあげる

【販売】コンディション「可」をうまく利用する

コンディション「可」にしかならないような商品は、他のせどらーはスルーしがちです。

しかし、こういった商品を利益にすることができたら、これだけで差をつけることができます。

今までスルーしていた人はぜひ取り入れてみてください。

関連記事:【中古せどりの価格改定】役割の切り分けが重要!価格改定ツールの必要性も解説

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です