トラベル

【ブルガリア3泊4日ひとり旅④】古都ヴェリコ・タルノヴォ、そしてルーマニア・ブカレストへ。

いよいよブルガリア最終日。

本日は、古都ヴェリコ・タルノヴォへ。そして深夜にはバスでルーマニアへ移動です。

ホテル「generaator」をチェックアウトし、ソフィアの中央バスステーションからヴェリコ・タルノヴォ行きのバスチケットを購入。19Lv。

受付の人が「11時のバスでいい?」と聞いてきたのでOKと返事。

バス到着ゲートを教えてもらい、向かうと既にバスは待機済み。

いざバスに乗ってみると席がすでに埋まっていたので、乗客に自分のチケットを見せてみるとバスが違うとの返事が。

バスを降りて、近くにいた美人のお姉さんに聞いてみるとどうやら時間が違うらしい。

自分のバスは11時30分発みたいで、チケットをよく見るとそうなってました(笑)

ソフィアからヴェリコ・タルノヴォまでは、バスで3時間30分くらい。

バスターミナルに着いたら早速帰りのバスチケットを購入します。行きと同じくetap社で19Lv。

帰りのソフィア行きのバスの時間が18時なので、散策できる時間はあまりありません。

 

外はあいにくの天気で景色はイマイチなのは確定ですが、バスステーションから向かうは頂上に教会の建つ丘「ツァレヴェッツの丘」です。

バスを使うと早いらしいですが、ヴェリコ・タルノヴォの街並みを堪能するために歩きます。

石垣の道であったり、坂道があったりで結構しんどいですが、風情ある街並みをみることができます。

 

徐々にツァレヴェッツの丘が近づいてきます。

 

こんなよくわからない道(?)を通り抜けると、ツァレヴェッツの丘の入り口付近に着きます。

ここまでのルートは全く観光客を見かけない穴場ルート。

おそらく他の観光客はバスを使ったり、市街地の方から観光をしているのでしょう。

こうやってあえて歩くことで思いがけない景色を見れたりするので、個人的には歩くのが好きです。

 

バスターミナルから歩いて30分くらいでツァレヴェッツの丘の入口に着きます。

 

頂上へ向かって丘を登っていきます。

 

丘の上には小さな教会があります。

かなり汗もかいたので、教会の中でしばし休憩。教会内はいかにもな音楽が流れていてます。

 

頂上からの景色。天気が悪いのがちょっと残念ですね。

 

帰りは市内の方から帰るルートをチョイスして、サクッとご飯を食べに行きます。

 

自然が多い町なので眺めもいいです。晴れてるともっときれいなんだろうな~。

 

この小さな路地の先に面白い駐輪場を見つけました。

 

これ使ってるのかな???

 

しばらく歩いていると家の扉から大量のネコが飛び出してきました(笑)

 

石畳の道路で歴史を感じるいい街並みです。

 

中心部のエリアはお土産屋さんやブティックなどのお店がたくさん建ち並んでいます。

 

あまり時間もないのでサクッと食べれるファストフード店へ。

ジャンクですがおいしいです。

 

バス停に戻るとetap社のバスが止まってたので、ソフィア行きかと聞くと違うという。

普通はチケットにバス乗り場の番号が記載されているのですが、帰りのバスチケットは空白だったのでイマイチわからず。

するともう1台etap社のバスが到着。

「これはソフィア行きのバスですか?」と近くにいたおばちゃんに聞いてもわからないとの返事。

するといかついおっさんが寄ってきて、このバスでオーケーとのこと。あんまり絡みたくない風貌でしたが、親切なおっさんでした。

バスを降りるときも「ありがとう」と伝えると、「問題ないよ」といった感じで笑顔で手を上げてくれました。

ブルガリアの人は、バスや電車で迷っているとみんな親切にしてくれます。

いざルーマニア・ブカレストへ

短いヴェリコ・タルノヴォ観光を終えて、20時くらいにソフィア中央バスターミナルに到着。

ブカレスト行きのバスチケットは先日購入済みです。深夜バスは0:30なので、それまでバスターミナルの中で時間をつぶすことに。

休憩スペースでノートPCをいじっていると、「日本人の方ですか?」とおばちゃんの声が。

声をかけてきたこの方、なんと78才でひとり旅をしているとのこと。これまでに行った国も100カ国以上らしいです。

どうやらアメリカ在住らしく、年に2回ほど団体とひとりで海外旅行をしているとのこと。

今回のひとり旅は3週間、東欧を回っているみたいです。

タフすぎるでしょ(笑)

 

ブカレスト行きの同じバスに乗るとのことなので、一緒に向かうことに。

なんとバスの座席も隣同士でした(笑)

バスは時間通り、0:30に出発。

途中に休憩が1回あり、朝5時55分に国境に到着して、パスポートチェックがあると運転手から案内があります。

 

パスポートチェックの係員がバスに乗り込んできて、パスポートを回収していきます。

パスポート渡すといきなり「こんにちは。」と日本語であいさつされ、不意打ちを食らいます(笑)

その後は英語で「どこ行きますか?」と質問されたので、「ブカレストです。」と答えてやり取りはおしまいです。

なぜか一人呼び出しを食らった人がいましたが、乗客全員パスポートチェックを終え、6時10分に出発。

7時20分、無事にルーマニア・ブカレストに到着です。

ブカレストにはバスターミナルが複数あり、ソフィアから到着するバスターミナルは「アウトガラ・フィラレト(Autogara Filaret)」というバスターミナルになります。

次回、ルーマニア編に続きます。

関連記事:【ルーマニア3泊4日ひとり旅①】おしゃれな雰囲気のブラショフ散策

関連記事:【ブルガリア・ルーマニアひとり旅】持ち物・アプリ・旅の注意点を紹介

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です