旅日記

【マレーシア5泊6日の男ひとり旅】1日目~クアラルンプール・ブルーモスクとペトロナスツインタワー~

5月のミャンマーひとり旅に続き、マレーシアへ5泊6日のひとり旅に行ってきました。

今回のマレーシアひとり旅のスケジュールは次のとおり。

  • 6/13:クアラルンプール1日目
  • 6/14:クアラルンプール2日目
  • 6/15:クアラルンプール3日目
  • 6/16:クアラルンプールからジョホールバルへ移動
  • 6/17:ジョホールバル観光
  • 6/18:シンガポールへ移動。チャンギ空港→帰国

観光ばかりではなく、比較的まったり旅な感じとなっています。

クアラルンプール国際空港へ到着

羽田空港の深夜発の便で、早朝にクアラルンプール国際空港に到着。

飛行機の中で一睡もできず、ものすごく眠い状態でスタート。

まずは空港で両替を済ませ、お腹も空いているので空港内にあるバーガーキングへ。ポテトは味がないし、チキンバーガーもイマイチな感じでした。

ここで、今回の旅で利用しようと思っているタクシー配車アプリ『Grab』のクレジットカード登録を済ませました。

なぜかANA VISAカードの登録ができないので、アメックスで対応。

今回Grabを初めて利用したのですが、めちゃくちゃ便利ですね。

  • 現金での支払いの必要がない
  • ドライバーとのやりとりは、行き先の確認のみ(人によっては雑談あり)
  • 目的地に着いたら、そのまま降りるだけ
  • 料金はアプリで提示されるので、値段交渉やぼったくりの心配なし

車が混雑しているところで呼ぶと、タクシーを見つけるのが大変かもしれないので、出来るだけ混雑が少ないところで待ち合わせした方がいいです。

マレーシア国際空港の場合、7番出口は車が混雑していたので、8番出口でGrabを使ってタクシーを呼びました。

目的地はブルーモスク(masjid sultan salahuddin abdul aziz shah)です。

クアラルンプール観光①:ブルーモスク(masjid sultan salahuddin abdul aziz shah)

クアラルンプール最初の観光はブルーモスク。

クアラルンプール国際空港からブルーモスクまでは、タクシーで71RM(リンギット)。日本円で1800円くらい。

オープン時間は9:00からですが、10分前に到着。

 

受付スタッフの人に「オープンは9時からだよ。」と言われたので、軽く散歩して時間つぶし。

9時になったら、小さな事務部屋にリュックを預け、入り口前の帳簿に氏名や国名、時間を書いて受付完了。

 

私は、ハーフパンツを履いていたので、青のローブを借りて羽織ることになります。あれでもない、これでもないといろいろ探してくれています。

 

ちなみに青いローブは、服の上からそのまま羽織って、マジックテープで止める仕様なので、服を脱いで着替えるということはありません。

着替えたらボランティアのガイドさんと一緒に回ることになります。

他の方の旅ブログをみていたら、ある程度の人数が集まったらまとめてツアー開始のように書いてあったのですが、私の場合は、早朝だったためか外の観光客が1人もおらず、ガイドさんと2人で回ることになりました。

随時ていねいな説明を受けながらモスク内をまわります。

 

めちゃくちゃ綺麗で癒されますね。写真も「どんどん撮っていいよ。」という感じでした。

ちなみにローブを羽織っているとめちゃくちゃ暑いです。汗だく。

 

コーランがたくさん置いてあります。分厚くて大ボリューム。

数字の読み方を教えてもらいました。

 

2Fは女性専用とのこと。見るからに綺麗そう。行ってみたい。。。

 

白が映える綺麗な通路があったり。

 

実はエスカレーターもあります。

 

モスク内見学の所用時間は、だいたい1時間くらいだったと思います。

最後は荷物を預けた小さな事務部屋に案内されて、ペットボトルの水をいただきました。

事務部屋のおじさんが明るい方で、今回の旅のことについていろいろ聞かれたので、拙い英語でしばし雑談。

雑談している間に、何組かの日本人観光客が訪れていました。よくよく調べてみると、ブルーモスクは日本人に人気のようです。

雑談もひと段落したところで、ブルーモスクを後にします。

イビス・ホテルへ移動:ファンキーな運転手に遭遇

ホテルまでは、Grabでタクシーを呼ぶことに。

呼んでから5分ほどで到着。便利すぎる。

で、このタクシーの運転手がとてもファンキー。

顔のサイズに合っていない大きなメガネ。「Cool!」が口癖で、両手で指パッチンしちゃういかにもな感じ(笑)

めちゃくちゃ乗りが良い。

運転手「どっからきたの?たぶんだけど日本だよね?」

私「日本ですよ。」

運転手「日本!めっちゃクールだね!マレーシアで女の子捕まえて、子供作りなよ。そしたら、インターナショナルチルドレンの誕生だ!」

私「それはナイスだね!」

二人で拳を合わせる。

なんだこのテンションは。本当にタクシー運転手だろうか。

とりあえず、1日3つのマレー語を覚えて、3ヶ月ステイすれば、マレーシアの女の子をゲットできるとのこと(笑)

その後も、

運転手「見てくれよ、この車内。シートがベッドみたいだろ?どう思う?」

私(まったくわからないが)「そうだね!ベリークールだね!カスタムしたの?」

運転手「そうなんだよ。最高だろ!」

こんな感じで、どんどん話しかけてくるマシンガントークドライバーでした。

しゃべりはすごいけど、運転手はとても親切で、おすすめの観光スポットをわざわざ紙に書いてくれました。

紙とメモ帳を破って書いてくれたのですが、運転しながら書くものだから、車はフラフラ(笑)

最後は、「楽しいい時間を過ごしてくれよ!」と握手してお別れ。

日本にいないタイプのタクシードライバーでした。

※マレーシアでは何度かタクシーを使いましたが、どうやら特殊系のドライバーだったようです(笑)

イビスでリラックスモード

そんなこんなで、2日間お世話になる『イビス・クアラルンプール・シティ・センター』に到着。

 

到着したのが11時過ぎで、チェックインは12時からのようなので、それまでロビーで待つことに。

今回の旅は、ノートPCも持ってきたのでこの間に情報収集。

ここで、MacBookの充電ケーブルを忘れたことに気づく。どこかで調達の必要がありそう。

 

12時軽く回ったところでチェックイン。チェックイン時に「Tourist Tax」を20リンギット取られました。

朝食付きで1泊6000円くらい。

 

お腹も空いたので、ホテルの近くにある「Havelly Kuala Lumpur」というインド料理のお店にしました。

 

かなり広々とした店内。

 

頼んだのはチキンビリヤニとプレーンラッシーで20リンギット。(500円ちょっと)

写真だと少なめに見えますが、そこそこボリュームもありおなかいっぱい。

味も本格的でおいしい。

そして、やっぱり物価が安いですね。

 

ちなみにホテルの周りは大通りが多いので、排気ガスでちょっと空気が悪いです。

部屋に戻って3時間ほど爆睡。さすがに疲れていたようです。

 

楽しみにしていたインフィニティ・プールへ。

小さいですが、なかなかいい感じです。

タイミングによっては、ベッドが空いていないこともあるので、ゆっくりできないかも。

クアラルンプール観光②:ペトロナスツインタワーへ

20時くらいになってようやく外も暗くなってきます。

夕食がてら、クアラルンプールに来てからチラチラと視界に入っていたペトロナスツインタワーを見にいくことにします。

イビスからは歩いて10分くらい。

まずは、このショッピングモールで食事をとることに。

 

ネットの情報では、『マダム・クワンズ』というお店のナシ・レマがおいしいと評価が高いようなので、マダム・クワンズに向かいます。

しかし、マダム・クワンズは大人気で満席&外で待っているお客さんもいたので、諦めることに。

フードコートで食事をとることにします。フードコートも人気で、地元民で溢れかえっていました。

 

チキン焼きそばみたいなのを頼みました。まあ美味しいですが、フードコードクオリティといったところ。

 

そのあと、ショッピングモールをぐるっと回って、噴水広場へ。

そして、ペトロナスツインタワーの全貌!

でかい!

やっぱり写真で見るより、実物を見たほうが迫力が違いますね。

時刻は9時ちょっと前だったのですが、近くのモスクからアザーンが流れています。異国に来たって感じがしますね。

噴水ショーもやっていました。3分ほどのちょっとしたものなので、シンガポールのスペクトラと比べるとかなりの見劣りですが。

少し堪能して、本日の観光は終了。ホテルへ戻ります。

9時20分にはホテルへ戻れたので、夜のインフィニティプールへ。

ライトアップされていてかなりいい感じです。意外と空いていて、リラックスできました。

こんな感じで、マレーシア1日目は終了です。

【マレーシア5泊6日の男ひとり旅】2日目~クアラルンプール・バトゥ洞窟~マレーシア5泊6日の男ひとり旅、2日目です。 2日目はバトゥ洞窟へ。 3日目に泊まるホテル『Mov』からの方が行きやすいので...