旅日記

【ルーマニア3泊4日ひとり旅③】トランシルヴァニア屈指の名城コルヴィン城へ

ルーマニア3日目。本日は今回のルーマニアの旅で一番の目的であるコルヴィン城へ行くためにフネドアラへ向かいます。

ブカレストからフネドアラへは次のルートで行くことに。

  • ブカレストからバスで8時間かけてデヴァ(Deva)へ
  • デヴァからバスで30分でフネドアラの町へ

デヴァ行きのバスチケットをまだ購入していないので不安ですが、とりあえずブカレストのバスターミナルへ向かいます。

【ルーマニア3日目】フネドアラへ8時間の長旅

デヴァ行きのバスチケットを取るために少し早めの出発。ホテル近くのパン屋で「コヴリグ」を購入。

ごまをつけたベーグルを香ばしく焼いた感じ。けっこう美味しい。

 

タクシーを拾ってバスターミナルまで。Uberを使って呼びましたが、タクシーではなく個人の方の車だったので不安でしたが全然問題ありませんでした。

最初、目的地とは全く別の方向にむかっていて、別のバス停に間違ってむかっている感じでしたが、グーグルマップで確認してみると、どうやら渋滞を回避してむかっているようでした。

予定時間とそんなに変わらずバスターミナルに到着。ナイスなドライバー。

チケット売り場で「Excuse Me」と言うも、受付の人は首を振るばかり。

もしかして今日のチケットは売り切れ???

Google翻訳で「デヴァ行きのチケットください」というと、わかったみたいな感じで無事購入。

売り切れてなくてよかった。

2時間くらい待ち時間があるので、近くのスーパーを覗いて時間つぶし。

めちゃくちゃでかい。コストコみたいな感じ。

プロテインドリンクを見つけたのですかさず購入。

バスの中で食べるドーナツやパンも購入。みんなおいしそう。

 

バスに乗り込み、ここから8時間の長旅です。

 

デヴァに到着したのは20時前。

デヴァのバス停に着いたら、フネドアラ行きのバスに乗り換えます。ちなみにデヴァやフネドアラではUberはサービス対象外です。

バス乗り場のインフォメーションに聞いたら、すでにフネドアラ行きのバスが待機してるみたいなので運転手からチケットを購入。9リラ。

バスに乗ること30分でフネドアラのバス停に到着。

本日宿泊するところは「Vila Corviniana」というホテル。フネドアラのバス停から歩いて10分くらい。

このホテルがかなりいい。歴史を感じる造り、インテリア。

しかも1泊3200円。さらにコルヴィン城まで徒歩10分という立地です。

こんなに充実している冷蔵庫は見たことない(笑)

こちらの記事で「Vila Corviniana」の宿泊レビューを書いています。

関連記事:ルーマニア・フネドアラの名ホテル「Vila Corviniana」に泊まってみた!

【ルーマニア4日目①】いざコルヴィン城へ!

朝早くに目が覚めてしまったので、開城前ですが散歩がてらコルヴィン城へ。

人はだれもいません。

入り口は空いていませんが、すぐ近くまではいくことができます。

こういったお城を初めて見るので、時間はかかったけど来てよかった。軽く見てホテルへ戻ります。

 

ホテルのすぐ前にある教会。時間によっては鐘がなります。

教会内はかなり暗いですが、けっこうな造りでした。

 

ホテルで朝食を頼むことに。

ハム、チーズ、卵、パン、紅茶をオーダー。1000円くらい。相変わらず量が多い。

 

再度コルヴィン城へ、オープンは9時。入場料が30Lei、写真が5Lei。

自分以外の観光客は5人くらい。

見学できる範囲はそこまで広くはないので、見学自体は1時間くらいで十分かと思います。

9時30分くらいから団体の観光客が押し寄せてきました。見学するなら行くなら9時開始に行った方がスムーズに見学できると思います。

ルーマニア1番の目的であるコルヴィン城を堪能。

コルヴィン場を見学した後は、明日の帰国のために一気にブカレストへ戻ろうとも思ったのですが、せっかくなのでシビウの街にも行くことに。

ホテルへ戻りチェックアウト。ホテルのオーナーにタクシーを呼んでもらい、デヴァのバスターミナルへ向かいます。

60リラ。やや高く感じる。やっぱりUberがいい。

 

帰りのバスのチケットを買おうとインフォメーションに聞くと、バスのチケットはバスの運転手から直接購入してくれとのこと。

シビウ行きのバスの時間を確認し、バスがどこに停車するか聞いて、すぐ近くのマックで待機。

海外でよく見るタッチパネル式のオーダーに挑戦。

すぐにスタッフが寄ってきてくれて教えてくれました。

クレジットカード使えるし、番号札持ってればテーブルまで運んでくれるしかなり便利。

 

バス出発の時間になるもバスが見つからない。インフォメーションの話だと、オレンジの建物の前だという。

さすがに焦って色々探すもシビウ行きのバスが見つからず発車時刻が過ぎる。

この20分後にも1本あるので、これは絶対に乗り遅れることはできない。

もう一回インフォメーションに聞くも、次のバスもオレンジの建物の前だという。

しかし、見当たらない。

今まで見ていなかったところを探したら、小さなワゴン車が。

フロントを見るとシビウの文字が。

待機場所も違うし、全然バスのイメージと違う(笑)

やれやれだぜ。

とはいえ、無事にシビウ行きのバスに乗れてひと安心。35リラ。

こちらは田舎なので、交通機関は1日に数本。1本逃すと致命傷になりかねません。

 

途中謎の30分休憩があり、約3時間でシビウに到着。

明日は日本へ帰る予定なので、帰りのブカレスト行きのバスチケットを購入。あとは時間通りにブカレストに着けば問題なし。

【ルーマニア4日目②】シビウ散策

まずはバスの中で予約したホテル(実はゲストハウスだった)へ向かいます。

 

こちらがシビウの大広場。なんとなくまったりな雰囲気でいい感じです。

 

荷物を起きたかったのでゲストハウスに向かうも、扉が閉まっている。

呼び鈴を鳴らしても人が出てこない。15分くらい粘ったんですが、なんか営業していない感じ。。。

もう面倒なので、他のホテルを急遽予約。

広場に面した「RABBIT HOLE」というホテル。

ホテルについてみたら、カフェ併設らしいです。

カフェの入り口でスタッフを待っていると1人の男が寄ってきたので「チェックインお願いします」と告げると「1分待ってて」と返事が。

ちょっとしてわかったのですが、この人普通のお客さんでした(笑)

スタッフは若いイケイケのお姉ちゃん1人に若いイケメンの男性が2人。みんな英語ペラペラ。

明日は朝5時のブカレスト行きのバスへ乗らなければならないので、早朝チェックアウトをお願い。

夜はスタッフがいないので、鍵の戻し方など教えてもらってチェックイン完了。

カフェはお酒中心のバーと食事中心のカフェという感じでエリアが分かれています。

肝心のお部屋は作りはちゃっちいですが、清潔感があっていい香りもします。

入り口を入ってテーブルスペース、左にベッドルーム、右にバスルームと横1列になっているめずらしい部屋でした。

関連記事:シビウ大広場にあるカフェ併設のおしゃれホテル「Rabit Hole」に泊まってみた。

 

荷物を置いてシビウの街を散策。

こちらは大広場に面するカトリック教会。無料で入れます。

 

シビウ大聖堂は工事中で中に入れませんでした。残念。

 

大広場に通じるストリート。いろんなお店が建ち並んでいるおしゃれストリートです。

 

突き当りの公園。

 

すぐ近くにも協会があります。

 

夜の大広場はめっちゃ綺麗。

 

せっかくなので、ホテル併設のカフェで夕食。

とりあえずスープと思って頼んだらとてつもなくでかいのが出てきた笑

マッシュルームのクリームスープでかなり美味しいのですが、明らかに一人の量じゃない。ドロドロ系なのでお腹にたまりこれだけでお腹いっぱい。

さすがに途中から気持ち悪くなってきたのでギブ。

そしてトドメのマルゲリータ。デカすぎる。

1人ではかなりきつく、こちらも少し残す。

明日の朝は4時にバス停へ向かうので、朝まで寝ずにノートパソコンでYouTubeで時間をつぶす。

【ルーマニア5日目】帰国

朝4時過ぎの街の通り。車も人もいないのでちょっと怖い。

 

バス停に4時20分くらいに到着。

待合室にすでに1人いましたが、そのあと続々とチケットを購入する人が現れます。

バスは時刻通りに発車で、乗車率は50%くらい。とりあえず爆睡。

 

定刻通りブカレストのバスターミナルへ。10時15分着。

近くのスーパーでドリンクを購入し、そこからUberを使って空港へ。

今回もタクシーではなく、個人の車でした。

途中渋滞に巻き込まれるも、45分くらいでアンリ・コアンダ国際空港へ。

ブカレストからオーストリア・ウィーンへ。

そしてウィーンから日本へ無事帰国。

ブルガリア・ルーマニアひとり旅の総括

こんな感じでブルガリア・ルーマニアの旅を終えました。

ひとり旅では始めてのヨーロッパでしたが、街並みも自然も綺麗で旅してよかったなと思いました。

今回は9日間ひとり旅をしましたが、気持ち的にはまだまだ旅を続けたいという思いが消えません。

これから半年くらいは旅をすることはないと思いますが、2020年の春くらいには1ヶ月くらいヨーロッパを回ってみてもいいかなと考えています。

最後までお読みいただきありがとうございます!

関連記事:【ブルガリア・ルーマニアひとり旅】持ち物・アプリ・旅の注意点を紹介