Other

【完全引退】34歳でプログラマーを辞めた理由【プログラミングの時代になぜ?】

私は現在、個人事業主として活動していますが、もともとは新卒でシステム会社に就職し、10年ほどプログラマーをしていました。

これからの時代、ITの進化に伴いプログラマー需要は増すばかりだと思います。

しかし、そんなプログラミングの時代に、しかも34歳という年齢にも関わらずプログラマーをやめました。

この記事では、プログラミングの時代にプログラマーを辞めた理由を紹介したいと思います。

プログラマーになったきっかけ

まず、プログラマーになったきっかけですが、もともとプログラマーになりたくて就職をしたわけではありませんでした。

大学生の時に就職活動をするにあたり「特にやりたいこともないし、これからITの時代だからシステム会社に就職するのもありだろう」という考えからでした。

文系大学出身で、パソコンなんてほとんど触ったことのないど素人。

かろうじてWordを使ったことがあるくらい。

  • Excel使ったことなし
  • OSって何?
  • キーボードは人差し指で押すもの

こんな感じです。

しかし、IT系の募集ページは

  • 完全初心者OK
  • 文系出身多数

といった宣伝文句も多く、「これなら自分でもなんとかなりそう」と思ったのがきっかけでした。

34歳でプログラマーを辞めた理由

これからの時代、プログラミンの時代と言われていて、プログラマー需要もかなり高まってきています。

そんな中、私は34歳という年齢で会社をやめて、プログラミングとは全く関係のない仕事で、個人事業主として活動しています。

なぜ、プログラミング需要が高まっているのに、プログラマーをやめたのか。

その理由は、以下のとおり。

  • 一人で作り上げている感がない
  • 年齢を重ねたプログラマーの将来が見えない
  • 雇用形態が派遣社員みたい

 

一人で作り上げている感がない

システム開発というのは、規模にもよりますが数人〜100人単位でチームを組んで、作り上げるものになります。

言い換えれば、自分の仕事はそのシステムの一部を作っているにしかすぎません。

私はどうもこの”システムの一部しか作っていない”ことに、やりがいを感じませんでした。

システムに限らず、何かをつくるなら1から全部を作りたい

どうせ何かを作るなら一から自分で作ったほうがやりがいを感じます。

システム開発の場合、とくに下請け会社となると「実装〜テスト」のフェーズが多く、どのプロジェクトに行ってもやることは似ています。

さすがに10年もプログラマーとしてやっていると

  • 飽きてくる
  • もっと違うことをやりたい

と思いを強く感じるようになってきます。

年齢を重ねたプログラマーの将来が見えない

システム開発に携わっているプログラマーは、若い世代が多いですよね。

平均年齢でいえば30歳前後かなと思います。

しかしこれから先、私のような30代の世代が歳を重ねていくと、どういったキャリアになっていくのが全く見えませんでした。

プログラマー現役時代は、いろんな現場に行きましたが、50歳以上の方はほとんど見かけません。

もちろんIT業界自体、若い業界ではあるので、年配の方が少なくて当然ですが。

とはいえ、たくさんの現場を見てきた中で、年配の方でポジションを持て余している人もみてきました。

「このポジション本当にいる?」みたいな。

このままのペースで、自分が50歳になったら何をしているのか、どういったポジションがあるのか

もちろん、未来を予測することはできませんが、少なからず自分にとっては、このままプログラマーとして仕事をしていくことはリスクにしか感じませんでした。

雇用形態が派遣社員みたい

システム開発の場合、セキュリティ上の問題から顧客先での作業が多かったり、下請け会社の場合は、発注先企業での作業となることが多いです。

いわゆる常駐ですね。

数ヶ月から、長ければ3年とか常駐していたこともあります。

この常駐も個人的には馴染めませんでした。

  • ほとんど派遣社員みたい
  • 今の会社に所属している意味あるの?

こういった疑問は常に感じていましたし、年齢を重ねるにつれて、より一層疑問に感じるようになりました。

最後の数年は、会社に所属している意味はもう見出せませんでした。

まとめ

私は、プログラミングに楽しみを見出せなかったのもありますし、将来のキャリア的にも何も見えなかったのもあり、プログラマーを辞める決意をしました。

これは私の体験談ですが、プログラミングに楽しみを感じないと悪循環が起こります。

  1. プログラミングに楽しみを感じない
  2. 向上心もなくなり、仕事に身が入らなくなる
  3. 「自分は何しているんだろう?」と負の精神状態に陥る

このように精神的にも悪循環に陥ってしまいます。

この記事を読んでくれた人の中にも、現在プログラマーとして仕事をしていて、私と同じ気持ちを抱いている人もいると思います。

スキルがものをいう世界ですから、気持ちが中途半端なままだと取り残されていきます。

30代となると、なかなか転職や独立にリスクが伴う年齢だと思いますが、まだまだ30代です。

まだまだチャンスはありますし、行動しないことの方がリスクです。

40代とはリスクの度合いも違うでしょう。

人生100年時代、30代からの新しいチャレンジもいいのではないでしょうか。