クレカ・ポイント

バンドルカード作成から使い方まで徹底解説!メリット・デメリットも紹介!

クレジットカードを作れない人でも、ネット決済用カードが作れると話題の「バンドルカード」。

そんなバンドルカードのアピールポイントは次の3つ。

  1. 審査・年齢制限なし
  2. 入会費・年会費無料
  3. 作成まで3分!すぐに使える驚異のスピード

年齢制限もなく、中学生・高校生でも作れるので、若い年代の方には人気のサービスですね。

バンドルカード公式サイト

しかし、「そもそもバンドルカードって何?」「使い勝手はどうなの?」と気になっている方も多いはず。

実際にバンドルカードを作成したので、使ってみた感想など紹介したいと思います。

本記事を読むことで、次のことを詳しく理解することができます。

  • バンドルカードの特徴
  • バンドルカードのメリット・デメリット
  • バンドルカードの作り方や使い方(実体験で解説)

それでは解説していきたいと思います。

バンドルカードの基本情報

バンドルカードは、誰でもつくれるVISAプリペイドカードです。

冒頭でも説明しましたが、「審査・年齢制限なし」「入会費・年会費無料」でカードを作れるのが魅力です。

バンドルカード公式の紹介動画がこちら。

 

バンドルカードの種類は次の3種類。

  • インターネット専用の『バーチャルカード』(バーチャルカードとはインターネット専用のVisaプリペイドカードのこと)
  • リアル店舗とネットショッピングでも使える『リアルカード』
  • リアルカードより更に利用できるお店、利用額が多い『リアル+(プラス)』

 

各カードの仕様は次のとおりです。

カード種別 バーチャル リアル リアル+(プラス)
発行手数料 無料 300円 600円
1回あたりのチャージ上限 3万円 3万円 10万円
月間のチャージ上限 12万円 12万円 200万円
有効期限内の累計チャージ上限 100万円 100万円 上限なし
残高の上限額 10万円 10万円 100万円
利用できるお店 国内及び海外のVisa加盟店(オンライン) 国内のVisa加盟店(実店舗含む)及び海外のVisa加盟店(オンライン) 国内及び海外のVisa加盟店(実店舗含む)
利用できないお店 ガソリンスタンド、宿泊施設、公共料金、定期支払い・定期購買、保険料の支払い、高速道路料金、機内販売、自動券売機など暗証番号の必要なお店、本人認証(3Dセキュア)の必要な加盟店、他特定のお店 バーチャルカードと同様 左記のお店から、ガソリンスタンド、宿泊施設を除いたもの

 

バーチャルカードとリアルカードの違いは、リアルカードは発行手数料がかかるだけで、サービス内容は同じです。

リアルカード+(プラス)は、通常カードに比べて、使えるお店が多く、チャージ限度額が高いです。

バンドルカードのメリット

バンドルカードを実際に使って感じたメリットを紹介します。

バンドルカード最大の特徴「ポチっとチャージ」

バンドルカード最大の特徴といえるのが、プリペイドカードでありながらも、クレジット機能も利用できる「ポチっとチャージ」。

世の中には、決済カードシステムは次の3つがあります。

  1. クレジットカード・・・支払ったものを後であとめて払うシステム(後払い)。手元に現金がなくても、カード限度額までなら利用できる。
  2. デビットカード・・・銀行口座から即時引き落としされるシステム。銀行口座の残高までしか使えない。
  3. プリペイドカード・・・利用者があらかじめカードに現金をチャージし、その範囲内で利用するシステム(先払い)。プリペイドカードにチャージした分までしか使えない。

バンドルカードは、③のプリペイドカードに該当しますが、それに①のクレジットカード機能を加えたのが「ポチっとチャージ」です。

「ポチっとチャージ」とは?

チャージ残高が少なくても、バンドルカード残高に最大50,000円まで、すぐにチャージできる機能。チャージした残高ですぐに買い物ができるようになります。

「ポチっとチャージ」した分は、翌月末までにコンビニ、ネット銀行、銀行ATM(ペイジー)で支払えばOK。

例えば、

  • 今すぐ欲しい服があるのに、チャージ残高が少なくて買えない。
  • 彼氏・彼女にプレゼントを買ってあげたいのに金欠だ。

といった場合でも、「ポチっとチャージ」をすれば一瞬でチャージ残高が増やせるので、すぐに欲しいものを買うことができます。

「ポチっとチャージ」の支払いについて

  • 支払い期限:翌月の末日まで
  • 支払う金額:チャージした金額+手数料
  • 手数料:
    3,000円〜10,000円の場合:500円
    11,000円〜20,000円の場合:800円
    21,000円〜30,000円の場合:1,150円
    31,000円〜40,000円の場合:1,500円
    41,000円〜50,000円の場合:1,800円
  • チャージ金額:1回につき3,000円〜上限金額まで(1,000円単位)

 

チャージ限度や支払通知で使いすぎ防止ができる

プリペイドカードは、カードにチャージされた金額までしか利用することができないので、使いすぎを防止できるのがメリットです。

バンドルカードはポチっとチャージのクレジットカード機能もついてるので「使いすぎてしまわないか不安」と感じる方もいると思います。

しかし、ポチっとチャージは、最大で50,000円までしかチャージすることができません。

人によっては「限度額が低すぎる」と思う人もいるかと思いますが、見方を変えれば「自分の資金力以上に使いすぎて、借金地獄になってしまう」といったことを防ぐことができます。

 

また、支払いやチャージをした後は、すぐに通知がきます。いつ、どのくらい使ったのかアプリで確認もできるので、利用状況を把握しやすいのもメリットです。

バンドルカードのデメリット

バンドルカードを実際に使って感じたデメリットを紹介します。

ポチっとチャージに手数料がかかる

ポチッとチャージは便利な機能ですが、1回ごとにチャージ金額に応じた手数料がかかります。

ポチっとチャージの手数料

  • 3,000円〜10,000円の場合:500円
  • 11,000円〜20,000円の場合:800円
  • 21,000円〜30,000円の場合:1,150円
  • 31,000円〜40,000円の場合:1,500円
  • 41,000円〜50,000円の場合:1,800円

1回のチャージで500円〜1,800円とけっこうな額がかかります。

ポチッとチャージの利用は必要最小限に抑えたほうがよさそうです。

利用できないお店がある

VISA加盟店であればどこでも使えるわけではありません。

次のお店ではバンドルカードを利用することができません。

  • ガソリンスタンド(セルフ含む)
  • 宿泊施設(ホテル・ロッジ)※ホテル内の飲食店も含みます
  • 公共料金
  • 定期支払い・定期購買(ニュース配信・受信料)
  • 保険料の支払い(契約・プレミアム・通販)
  • 高速道路料金
  • 機内販売

 

日常生活全般で利用していくのには、不向きかと思います。

バンドルカードの作り方

バンドルカードの作り方を紹介します。

まずはバンドルカード公式サイトから、アプリをインストールします。

バンドルカード公式サイト

 

インストール後、アプリを起動すると次のような画面が表示されるので「新規登録」を選択します。

 

電話番号登録画面が表示されるので、電話番号を入力し、「認証」を選択します。

 

「SMSで認証番号を送ります。」とメッセージが表示されるので「OK」を選択すると、SMSに認証番号が送られてきます。

認証番号入力画面にSMSで送られてきた認証番号を入力して「認証する」を選択します。

 

ログイン情報(ユーザーIDとパスワード)を入力して「次へ」を選択します。

 

ユーザー確認情報(生年月日、保護者の同意、性別)を入力して「次へ」を選択します。

 

今までの入力内容を確認したら、利用規約への同意にチェックをして「次へ」を選択します。

 

しばらくすると次のような画面が表示されるので「はじめる」を選択します。

 

次の画面でカード番号が表示されれば登録完了となります。

 

バンドルカードのチャージ方法

バンドルカードを使うには、バンドルカードに残高をチャージする必要があります。

チャージは、次の方法ですることができます。

  • ポチっとチャージ
  • ドコモ払い
  • セブン銀行ATM
  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ソフトバンクまとめて支払い(現在一次停止中です)
  • ネット銀行
  • 銀行ATM(ペイジー)
  • ビットコイン
  • ギフトコード ※バンドルカードが発行するものに限ります

本記事では、利用数が多いであろう「ポチっとチャージ」「ネット銀行」「クレジットカード」でのチャージ方法を解説します。

ポチっとチャージのやり方

ポチっとチャージによるチャージ方法を解説します。

バンドルアプリを起動して、「チャージ」を選択。下へスクロールして「ポチっとチャージ」を選択します。

 

ポチっとチャージの説明画面が表示されます。説明をよんだら「次へ」を選択します。

 

申し込み画面が表示されるので「ポチっとの申し込みへ」を選択します。

 

「氏名」「生年月日」「メールアドレス」「電話番号」を入力して、「利用規約に同意する」にチェックを入れたら「SMS認証へ」を選択します。

 

※メールアドレス認証を行っていない場合は、メールアドレス認証画面が表示されます。

登録したメールアドレスに認証番号が記載されたメールが送られているので、認証番号を入力します。

認証番号を入力したら「認証する」を選択します。

 

SMSで認証番号を送付するメッセージが表示されるので「OK」を選択します。

 

SMSで認証番号が送られてくるので、認証番号を入力し「認証する」を選択します。

 

チャージする金額を入力し「OK」を選択します。

 

確認画面が表示されるので「この内容で申し込む」を選択します。

 

チャージ完了画面が表示されます。「カード残高の確認へ」を選択するとホーム画面へ戻ります。

 

チャージした金額が残高に反映されています。

ポチっとチャージで3000円チャージした場合は、手数料が500円かかるので、支払い金額は3,500円となっていますね。

 

ネット銀行からのチャージ方法

クレジットカードによるチャージ方法を解説します。

バンドルアプリを起動して、「チャージ」を選択。下へスクロールして「ネット銀行」を選択します。

 

チャージ手順の画面が表示されるので、「チャージ手続き」を選択します。

 

チャージする金額を入力して「チャージ」を選択します。

 

ネットバンキング一覧が表示されるので、利用したい銀行を選択します。

以降の処理手順は銀行により異なるので、選択した銀行の振込手続きに従ってください。

今回は、三井住友銀行を選択します。

 

銀行にログインをします。

 

銀行の振込手順に従い、振り込み処理を行います。

ネット銀行での手続き完了のメッセージが表示されたら、バンドルカードアプリに戻りましょう。

 

バンドルアプリのホーム画面に戻るとチャージされていることが確認できます。

※チャージが反映されていない場合は画面を更新するか、再度アプリを起動してみてください。

 

クレジットカードでのチャージ方法

クレジットカードによるチャージ方法を解説します。

バンドルアプリを起動して、「チャージ」を選択。下へスクロールして「クレジットカード」を選択します。

 

チャージ手順の画面が表示されるので、左下の「チャージ」を選択します。

 

クレジットカード情報を入力して「次へ」を選択します。

※「このカードを登録する」にチェックを入れておくと、次のチャージからカード情報の入力を省略することができます。

 

チャージ金額を入力して「チャージ」を選択します。今回は3,000円をチャージしてみます。

 

今回は、三井住友VISAカードによるチャージを行います。(カード会社により画面は異なります。)

パスワードを入力して「送信」を選択します。

 

チャージが完了すると「チャージ完了」と画面に表示されます。

ホーム画面に戻るとチャージされていることが確認できます。

※チャージが反映されていない場合は画面を更新するか、再度アプリを起動してみてください。

バンドルカードの使い方【実際に買い物してみた】

バンドルカードの使い方を解説します。

今回は、実際にAmazonで買い物をしてみました。

まずは、Amazonで購入したい商品を選んで、レジに進みます。

 

注文確認画面で「支払い方法」を選択します。

 

登録されている支払い方法一覧が表示されます。一番下の「新しいお支払い方法を追加」を選択します。

 

バンドルカードの情報を入力します。

氏名は「VANDLE USER」と入力します。あとは、バンドルカード番号、有効期限を入力して「クレジットカードを追加」を選択します。

 

バンドルカードが追加されるので「次に進む」を選択します。

 

あとは注文を確定すれば、バンドルカードでの買い物が完了です。

 

商品が発送されると支払いが確定し、バンドルカードから支払われます。

※1円の支払いがありますが、登録したバンドルカードが正常に利用できるか、これはAmazonが1円の請求を行って確認しているためです。

 

クレジットカードを利用するのと同じで、簡単に使うことができました。

まとめ

バンドルカードのメリット・デメリットや使い方を解説してきました。

実際に使ってみた感想として、カード作成からすぐに利用できるのはすごく便利だと感じました。

クレジットカードなど、カード発行タイプだと1~2週間とかかかったりするので、すぐに使えるというメリットは大きいです。

また、バンドルカードはチャージ金額の制限があるので、クレジットカードのように「自分の資金力を超えた支払い」ができないようになっているのも安心材料ですね。

バンドルカードを使うときの注意点としては、次の2点。

  • ポチっとチャージは便利だけど、手数料がかかる
  • プリペイドカードなので、一度チャージすると返金はできない(できるだけ使い切るのがベスト)

この2点を除けば、使い勝手もよく安心して使うことができます。

バンドルカードは次のような人にはおすすめです。

  • 中学生・高校生などクレジットカードが作れない人
  • カードの使いすぎが不安な人(ポチっとチャージでも限度額があるので大きな使いすぎが防げる)
  • 手軽にプリペイドカードを持ちたい

無料でサクッと作れて、すぐに使える便利なカードです。ぜひ試してみてください。

バンドルカード公式サイト