クレカ・ポイント

クレジットカードが作れない学生は「バンドルカード」がおすすめ!急な出費にも安心のポチっとチャージが便利!

年齢的にクレジットカードが作れない学生の方や、クレジットカードが欲しいけど審査に落ちてしまったという方は多いかと思います。

「クレジットカード代わりになる便利なカードはないの?」といった方におすすめなのが『バンドルカード』。

バンドルカード公式サイト

バンドルカードは、クレジット機能の付いたVISAプリペイドカードです。

審査・年齢制限なしで作れるので、中学・高校生や、クレジットカードの審査に落ちてしまった人でも、サクッと簡単に作れるので、ぜひおすすめしたいカードです。

本記事では、バンドルカードが「学生におすすめな理由」と「使うときの注意点」を解説したいと思います。

本記事を読むことで、バンドルカードがクレジットカードのように便利に使えて、クレジットカードより安心して使えることがわかります。

バンドルカードとは?

バンドルカードは、誰でも作れるVisaプリペイドカードです。

  1. 審査・年齢制限なし
  2. 入会費・年会費無料
  3. 作成まで3分!すぐに使える驚異のスピード

審査・年齢制限がないので、クレジットカードが作れない学生の間では、人気急上昇のカードです。

バンドルカード公式の紹介動画がこちら。

 

使い方も簡単で、アプリをダンロードして、生年月日や電話番号を登録するだけで、バーチャルカード(インターネット専用のVisaプリペイドカードのこと)が発行できます。

あとは、お金をチャージするだけで、すぐに買い物ができます。

実際の店舗で利用したい場合は、リアルカードを発行(発行手数料300円)しましょう。レジで「支払いはクレジットカードで」と伝えて、リアルカードを提示すればOKです。

バンドルカードが学生におすすめな3つの理由

バンドルカードがなぜ学生におすすめなのか、3つの理由を解説したいと思います。

審査・年齢制限がない

バンドルカードの特徴の1つが『審査・年齢制限がなし』であること。

だれでも作れるカードなので、中学生・高校生でも作れます。

未成年の場合は親の同意は必要ですが、「同意ボタン」を押すだけの簡単な作業です。

 

急な出費でも安心「ポチッとチャージ」が便利!

バンドルカードはVISAプリペイドカードなので、カードにチャージした金額までしか使うことができません。

私もそうでしたが、学生の場合だと手元のお金が少ないのが普通かと思います。

  • いますぐ欲しい服がある
  • 彼氏・彼女に誕生日プレゼントを買ってあげたい
  • ライブのチケットが欲しい

急な出費や今すぐ欲しいものがあるときなど、「どうしても今すぐお金が必要!」といったことがありますよね。

こんな時に便利なのが、バンドルカード最大のメリット「ポチッとチャージ」という機能。

ポチっとチャージとは、チャージ残高が少なくても、バンドルカード残高に最大50,000円まで、すぐにチャージできる機能です。チャージした残高ですぐに買い物ができるようになります。

「ポチっとチャージ」した分は、翌月末までにコンビニ、ネット銀行、銀行ATM(ペイジー)で支払えばOKです。

バンドルカードは基本的に、カードにチャージした金額のみ使えるプリペイドカードですが、お金に困ったときはクレジットカードと同じようなことができるわけです。

 

チャージ限度額があるので使いすぎ防止になる

バンドルカードはチャージ限度額が決められています。

1回あたりのチャージ上限額 3万円
月間のチャージ上限額 12万円
有効期限内のチャージ累計額 100万円
残高の上限額 10万円

 

バンドルカードはターゲットが若者向けなので、限度額が低めに設定されているのがポイント。

そもそもプリペイドカードなので、決められた限度額以上の買い物はできないので、クレジットカードのように、自分の資金力以上に使いすぎるということはありません。

 

では「クレジットカードのように使えるポチッとチャージだと、使いるすぎることはないの?」と不安になるかもしれませんが、安心してください。

ポチッとチャージでも、1回にできるチャージ金額が決められていて、

1回のチャージにつき、1,000円単位で3,000円〜上限金額(最大50,000円)まで

となっています。

最大50,000円までなので、クレジットカードのように、使いすぎて借金地獄になるということもありません。

クレジットカードのように便利に使えるのに、クレジットカードより安心して使えるのも、学生さんにとって安心して利用できるメリットになります。

 

また、買い物で利用したら支払い通知が届くうえに、利用明細も簡単に見ることができるので、利用状況を把握しやすいのもメリットです。

バンドルカード利用時の注意点

バンドルカードの注意点を解説したいと思います。

ポチっとチャージには手数料がかかる。

ポチッとチャージは便利な機能ですが、1回のチャージごとに、チャージ金額に応じた手数料がかかります。

チャージ金額に対する手数料は次のとおり。

チャージ金額 手数料
3,000円〜10,000円 500円
11,000円〜20,000円 800円
21,000円〜30,000 1,150
31,000円〜40,000 1,500
41,000円〜50,000 1,800

 

正直、手数料としては高いです。手数料も積み重なると、それなりの金額になってくるので、頻繁に利用するのではなく、本当に必要なときのみ使うことをおすすめします。

利用できない店舗がある

VISA加盟店であればどこでも使えるわけではなく、次のお店ではバンドルカードを利用することができません。

  • ガソリンスタンド(セルフ含む)
  • 宿泊施設(ホテル・ロッジ)※ホテル内の飲食店も含みます
  • 公共料金
  • 定期支払い・定期購買(ニュース配信・受信料)
  • 保険料の支払い(契約・プレミアム・通販)
  • 高速道路料金
  • 機内販売

学生であれば、使う機会は少ないと思いますが、注意が必要です。

まとめ

バンドルカードが「学生におすすめな理由」と「使うときの注意点」を解説しました。

実際に使ってみてメリットに感じたことは、次のとおりです。

  • カード発行から使えるまでが驚くほど早い
  • チャージ限度額が決められているので、使い過ぎの心配がない
  • 急な出費でも「ポチッとチャージ」は便利!(手数料には注意)

チャージ限度額が決められているので、使い過ぎの心配がありません。クレジットカードが作れない学生でも、安心して使うことができます。

バンドルカードであれば、お会計もサクッと済ませることができるので、普段の買い物もグッと便利になりますよ。入会費・年会費も無料なので、ぜひバンドルカードを利用してみてください。

【バンドルカード公式サイト】ダウンロードはこちら

参考リンク:こちらの記事で、バンドルカードの作成から使い方(Amazonで実際に利用)、メリット・デメリットを徹底解説しています。気になった方は参考にしていただければと思います。

バンドルカード作成から使い方まで徹底解説!メリット・デメリットも紹介!クレジットカードを作れない人でも、ネット決済用カードが作れると話題の「バンドルカード」。 そんなバンドルカードのアピールポイントは...