コラム

海外でMacBookを充電するのにおすすめのモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 20000PD」レビュー

海外でMacBookを充電したい場合、基本的には「USB-A・USB-Cのケーブル」があれば問題ありません。

しかし、ホテルにUSBコンセントがない、カフェでUSBコンセントが確保できないといった場合は、バッテリーが気になりますよね。

海外にMacBookを持っていく際は、MacBookを充電できるモバイルバッテリーも持っていく方が安心です。

MacBookを充電できるモバイルバッテリーでおすすめなのが、Anker PowerCore Speed 20000PDです。


Anker PowerCore Speed 20000PDの紹介

Anker PowerCore Speed 20000PDの紹介をします。

付属品

Anker PowerCore Speed 20000PDの付属品は次のとおりです。

  • Anker PowerCore Speed 20000 PD
  • 30W USB-C急速充電器
  • トラベルポーチ
  • USB-C to Cケーブル(90cm)
  • 取扱説明書

 

「30W USB-C急速充電器」が付属しているので、バッテリー本体を約4時間の高速充電をすることができます。

大容量バッテリーはフル充電に時間がかかってしまうのがデメリットですが、約4時間でフル充電できるのはうれしいところですね。

また、バッテリー本体だけでなく、MacBookなどのUSB-C機器も高速充電できます。

ちなみに単品で買うと2000円くらいします。

 

トラベルポーチも付属しているので、旅行中の持ち運びも安心です。

スペック

Anker PowerCore Speed 20000PDのスペックは次のとおりです。

  • サイズ:16.8 × 6.5 × 2(cm)
  • 重さ:396g
  • 容量:20000mAh

 

サイズ感としてはやはり大きく感じますが、他メーカーの同スペック製品に比べて一回り小さいといった感じです。

握った時に感じたのですが、握り心地が素晴らしいの一言。「持ちやすくて滑りにくい」かなり洗練された印象を持ちました。

 

ポートはUSB-CとUSB-Aがついています。

 

バッテリーランプは4段階です。

 

実際に重さを測ってみたところ、本体は396gありました。もう少し軽くなるとありがたいのが本音ですね。

 

容量は20000mAhなので、飛行機の持ち込みも問題なくできます。

もちろんMacBookだけでなく、iPhoneやiPadも充電することができるので、旅行する際は1つあると便利ですね。

  • iPhone:5.2回
  • iPad:1.7回
  • MacBook:1.2回

長期製品保証が付いているのも安心です。

注文から18ヶ月間の間に、使用している製品に不具合が発生した場合、同じ新品製品と交換することができます。

まとめ

USB-Cしか搭載されていないMacBookを海外で使う場合、「Anker PowerCore Speed 20000PD」はもはや必需品となっています。

もちろん、MacBookだけでなくiPhone、iPadも充電できるので、バッテリーの不安が一気に解消されます。

もっと軽くなるとありがたいのですが、それでも十分なメリットを感じています。

海外だけでなく、国内のカフェでもコンセントのある席が確保できない場合にも、1台持っておくと便利です。

以上、海外でもMacBookを充電するのに便利なモバイルバッテリー『Anker PowerCore Speed 20000PD』の紹介でした。