クレカ・ポイント

【バンドルカード】リアルカードとリアル+(プラス)の違いを解説!

審査・年齢制限がなく作れることから、若者の間で人気のバンドルカード。

バンドルカードには、バーチャルカード、リアルカード、リアルカード+(プラス)がありますが、

  • リアルカードとリアルカード+(プラス)の違いは何?
  • リアルカードを作ろうと思うけど、リアルカードとリアルカード+(プラス)どっちを作ればいいの?

といった疑問をもっている方も多いはず。

この記事では、バンドルカードのリアルカードとリアル+(プラス)の違いを解説したいと思います。

リアルカードとリアルカード+(プラス)の違い

リアルカードとリアルカード+(プラス)の違いを説明します。

違いは次のとおりです。

リアルカード リアルカード+(プラス)
利用できるお店

国内のVisa加盟店(実店舗含む)及び海外のVisa加盟店(オンライン)

国内及び海外のVisa加盟店(実店舗含む)

利用できないお店

ガソリンスタンド、宿泊施設、公共料金、定期支払い・定期購買、保険料の支払い、高速道路料金、機内販売、自動券売機など暗証番号の必要なお店、本人認証(3Dセキュア)の必要な加盟店、他特定のお店

左記のお店から、ガソリンスタンド、宿泊施設を除いたもの

発行手数料

300円

600円

回あたりのチャージ上限額

3万円

10万円

月間のチャージ上限額

12万円

200万円

有効期限内のチャージ累計額

100万円

上限無し

残高の上限額

10万円

100万円

バンドルカードリアル+(プラス)は、チャージ限度額が大幅にアップするのと使えるお店が増えます。

使い勝手としてはかなりよくなります。海外のお店でも使うことができます。

また、バンドルカードリアル+(プラス)を発行する場合は、本人確認書類の提出が必要になります。

本人確認に利用できる書類は次のとおりです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • カード型保険証
  • マイナンバーカード(通知カードは不可)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

リアルカード+(プラス)は、チャージ限度額が大きい分、本人確認書類が必要となります。

チャージ方法は次のとおり、違いはありません。

  • ポチっとチャージ
  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ドコモ払い
  • ソフトバンクまとめて支払い(一時停止中)
  • ビットコイン
  • ネット銀行
  • セブン銀行ATM
  • 銀行ATM(ペイジー)
  • ギフトコード(iTunesカードやAmazonギフト券ではありません)

 

リアルカードとリアルカード+(プラス)どっちがいいの?

リアルカードとリアルカード+(プラス)のどちらを作るかですが、まずはリアルカードで問題ありません。

理由としては次の2つです。

  • リアルカード保持者は若い年齢層が多い
  • リアルカードの月間チャージ上限額は12万円

若い年齢層でひと月に12万円を使う機会はほとんどないかと思います。

月に12万円もの金額を使うのは、社会人でもそうそうないので、リアルカード+(プラス)を持っていても実用性はありません。

社会人であれば、10万以上使うこともありますが、その時は「ポイント」や「特典」が付くクレジットカードを作成した方がお得です。

よほどの理由がない限りは、リアルカード+(プラス)を作成する必要はないでしょう。

まとめ

バンドルカードのリアルカードとリアル+(プラス)の違いを解説しました。

リアルカードがあれば、実店舗での支払いもできるようになります。お店での会計をサクッと済ませることができるので、リアルカードを作っていない場合は作っておいた方がいいです。

リアルカードとリアル+(プラス)で迷っているのであれば、まずはリアルカードで問題ありません。

実用面を考慮すれば、リアルカードで十分と言えます。

注意点として、バンドルカードのチャージ限度額は最初から上限まで設定されているわけではありません。利用実績を積んでいくことで、チャージ限度額が上がっていくようになっています。バンドルカードの利用実績を積んでいくことが大切です。

参考リンク:バンドルカードについて、作成から使い方、メリット・デメリットをこちらの記事で解説しているので、合わせて参考にしていただければと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です