仮想通貨

【5ステップで解説】NFTゲームの始め方や人気のゲームを解説!

2021年11月25日

ここ最近注目を集めているNFTゲーム。

NFTゲームに興味があるけど「NFTゲームの始め方がわからない」といった方も多いかと思います。

そこで本記事では、NFTゲームの始め方を5ステップで解説したいと思います。

本記事をお読みいただければ、NFTゲームを始めることができますよ。

NFTゲームの特徴

NFTゲームはブロックチェーンを基盤にしてつくられたゲームのこと。

NFT(非代替性トークン)とは、偽造や複製ができない唯一無二のデジタルデータのことで、NFTゲームではゲーム内のアイテムやキャラクターがNFTとなっています。

ブロックチェーンの技術により、唯一無二ということが証明されるので、ゲーム内のアイテム、キャラクター、土地などに価値が生まれます。

ゲームをしている人の中には、

どうしてもあのアイテムが欲しい

あのキャラクター使ってみたいな

といった人がいるので、そういったユーザーに販売することで収益化することも可能です。

NFTゲームの特徴

  • ゲームで稼ぐことができる
  • ゲームが終了してもアイテムが残る

ゲームで稼ぐことができる

通常のゲームとは違い、ゲーム内のキャラクターやアイテムに唯一の価値が与えられています。

そのため、ゲーム内のキャラクターやアイテムを売買することも可能です。価値が認められれば「ゲームをやりながら収益化する」ということも可能に。

「The SandBox」というゲームでは、ゲーム内の土地が数百万〜数千万円単位で取引されるほど価格が高騰していたりもします。

またNFTの売買だけでなく、NFTゲームによってはプレイヤーとしてゲームをやりこむことで、ゲーム内通貨をコツコツと稼ぐこともできます。

ゲームが終了してもアイテムが残る

NFT化されることによって、ゲーム内アイテムの所有権は自分にあるので、仮にゲームのサービスが終了してもNFTとして手元に残り続けます。

ゲーム内のアイテムやキャラクターが、価値をもった資産データとして残る点は、これまでのゲームとの違いになります。

人気のNFTゲーム

人気のNFTゲームには、以下のようなものがあります。

  • Axie Infinity
  • Crypto Spells
  • The Sandbox
  • Sorare

Axie Infinity(アクシーインフィニティ)

Axie Infinity(アクシーインフィニティ)

Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)は、「Axie(アクシー)」というモンスターを使って戦うバトルゲーム。

2018年にベトナムでリリースされたNFTゲームですが、いまなお人気のゲームです。

モンスターやアイテムを売ったり、ゲーム内のクエストをクリアすることで稼ぐことができます。

 

Crypto Spells(クリプトスペルズ)

Crypto Spells(クリプトスペルズ)

Crypto Spells(クリプト・スペルズ)は、日本の企業であるCrypto Games株式会社が手がけるトレーディングカードゲーム。

ゲーム内で入手できるカードがNFTとなっているので、サービス内のマーケットプレイスを通じて、自由に売買することができます。

入手困難なレアカードを売買することで、稼いでいくことが可能です。

 

The Sandbox(サンドボックス)

The Sandbox(サンドボックス)

The Sandbox(ザ・サンドボックス)は、マインクラフトのように建物をつくったりオリジナルのゲームをつくったりすることができるゲーム。

メタバース内でプレイするため、メタバースの分野からも注目を浴びているゲームです。

サンドボックスでは、ゲーム内の土地がNFTとなっていて、高額取引がされています。

 

Sorare(ソラレ)

Sorare(ソラレ)

Sorare(ソラレ)は、現実のサッカーの試合結果がゲームに反映されるトレーディングカードゲーム。

実在する選手を5名選んでチームを作成して、他のユーザーとスコアの高さを競い合います。

ランキング上位に入ったり好成績を収めたプレイヤーは、シーズン終了時にイーサリアムやレアカードなどをもらうことができます。

NFTゲームの始め方

NFTゲームの始め方を解説します。

大まかな流れは以下のとおり。

NFTゲームを始める流れ

  • 仮想通貨取引所の口座を開設
  • 仮想通貨ウォレット(MetaMask)を作成
  • ゲームのアカウントを作成
  • ゲーム用ウォレットを作成
  • MetaMaskからゲーム用ウォレットに送金

仮想通貨取引所の口座とMetaMaskウォレットは、どのゲームで遊ぶにしても使うことが多いので、いまのうちに作成しておきましょう。

仮想通貨取引所の口座を開設する

NFTゲームによっては初期費用がかかるため、あらかじめ仮想通貨のイーサリアムを用意しておきましょう。

イーサリアムを購入するためには、仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

おすすめの仮想通貨取引所は国内大手のコインチェックです。

コインチェック公式サイト

日本最大級の取引所で、使いやすさ抜群。仮想通貨初心者から上級者まで幅広く支持されています。

口座を開設したらイーサリアムを購入しておきましょう。

仮想通貨ウォレット(MetaMask)を作成する

MetaMaskはゲーム内に仮想通貨を送金するときに使用するWeb上のウォレットです。

ゲーム内に仮想通貨を送金するときに利用します。

MetaMaskについては、こちらの記事「MetaMask(メタマスク)のインストールから入金までを解説!」で解説しているので参考にしてみてください。

参考MetaMask(メタマスク)のインストールから入金までを解説!

仮想通貨の送金や受け取りにかかせない、仮想通貨ウォレットの「MetaMask(メタマスク)」。 メタマスクを使うことで、 ...

続きを見る

NFTゲームのアカウントを作成する

次は遊びたいゲームのアカウントを作成しましょう。

人気のNFTゲームとしては、以下のようなものがあります。

人気のNFTゲーム

ゲーム用のウォレットを作成

費用のかかるNFTゲームに関しては、ゲーム用のウォレットを作成する必要があります。

これは、ゲームごとに独自のブロックチェーンを利用しているため、それに対応したウォレットを使わないといけないためです。

例えば「Axie Infinity」の場合、ゲーム内で使える「Ronin Wallet」を作成する必要があります。

ゲーム用のウォレットを作成したら、このウォレットに先ほどのMetaMaskから仮想通貨を送金します。

MetaMaskからゲーム用ウォレットに送金

MetaMaskから、ゲーム用ウォレットに仮想通貨を送金します。

これで、ゲーム内で仮想通貨を利用できるようになります。

まとめ

NFTゲームの始め方を5ステップで解説してきました。

手順をまとめると以下のとおりです。

NFTゲームの始め方まとめ

  • 仮想通貨取引所(コインチェック)の口座を開設する
  • 仮想通貨ウォレット(MetaMask)を作成する
  • NFTゲームのアカウントを作成する
  • ゲーム用のウォレットを作成
  • MetaMaskからゲーム用ウォレットに送金

なんといっても、ゲームをしながら稼げるというのが最大の魅力。

気になるゲームがあれば、まずはプレイしてみましょう。

この記事を書いた人

くりすぷ

プログラマー10年経験した後、独立。ブロガー、Webライター、ネット物販で収入を得ながら、たまに海外一人旅をしています。

>>プロフィール詳細

-仮想通貨