WORK

【実体験】完全未経験でプログラマーになって苦労したこと

プログラマー人気が高まっている中、新たにプログラマーに転職したいと思っている人も多いと思います。

私はプログラマーを10年経験しましたが、未経験からでも活躍の場があることは確かです。

しかし、完全未経験からプログラマーになったり、転職することは苦労も多いです。

実際に私自身も未経験からプログラマーになってかなり苦労しました。

そこでこの記事では、私自身の経験をもとに「完全未経験でプログラマーになって苦労したこと」を紹介したいと思います。

「今は完全未経験だけど、将来的にプログラマーになりたい」といった人の参考になると思います。

【実体験】完全未経験でプログラマーになって苦労したこと

完全未経験でプログラマーになって苦労したことを紹介したいと思います。

スタートダッシュで出遅れる

人材募集には「未経験からの人材が多数活躍しています」と書かれていることが多いですが、実際には完全に未経験という人は少ないです。

  • 学校の授業で多少触れたことがある
  • 趣味でアプリを作ったことがある

といったように何かしらの経験をしている人がほとんどです。

最近では「プログラミングスクールを卒業しました」という人も多いですし、もちろん専門学校卒業してる人もいます。

「未経験からの人材が多数活躍しています」と書いてあっても、実際の割合は少ないです。

するとどうなるか。

研修のスタート時から完全に出遅れます。

私がプログラマーになった時のスキルはこんな感じでした。

  • PCの設置はできない
  • OSって何?
  • キーボードは人差し指で押す
  • エクセルも使ったことがない

PCを触ったことといえば、Wordを触ったことがあるくらい。

こんなスキルでプログラマーになったわけですが、周りは何かしら経験している人ばかりです。

パソコンもろくに触ったことのないど素人が入社して研修を受けたところで、周りと同じようについていけるはずはありません。

その時点で劣等感が生まれ、かなりの焦りに変わります。

研修はあるものの不完全

ほとんどの会社は、2ヶ月の研修でプログラミングの基礎から簡易なアプリ開発の技術を学ぶことになります。

しかし、2ヶ月の研修でプログラミングやアプリ開発の技術を学ぶには、とてもじゃないですが時間は少ないです。

プログラミングの専門学校を卒業した同期に言わせると、「専門学校で1年かけて学ぶことを2ヶ月に詰め込んでいる」と言っていました。

研修の内容を理解することがないまま研修を終え、開発現場に配属されるというのはよくある話です。

企業側も研修ばかりに時間を費やしていると利益にならないわけで、「とりあえず現場にでて仕事をしながら学べ」という姿勢を取っていることが多いです。

※大手企業の中には、研修期間が6ヶ月というのもあります。こういった企業は人材教育の予算があり、しっかり教育しようという考えがあります。しかし、こういった企業はほとんどありません。

出だしで苦労するとプログラミングが楽しめない

入社後の研修でプログラミングについて1から学べるといっても、全てを理解して進めていくことはできません。

次第にプログラミングに対して楽しさを見出せなくなります。

私は入社後の研修の時点で、プログラミングが楽しくないと感じてしまい、10年間ずっと引きずっていました。

やはり楽しさを感じれない仕事というのは、モチベーションの低下にも繋がりますし、ストレスの原因にもなってきます。

未経験でプログラマーになる前にすべきこと

プログラマーは「未経験でも大丈夫」といった人材募集が多いですが、それを鵜呑みにして飛び込むと、痛い目に遭う可能性が高いです。

それを避けるには、

  • 独学で勉強してスキルを身につける
  • プログラミングスクールでスキルを身につける

といったことをしておいた方がいいです。

何かしらの言語の入門書を1冊買って、1通りやってみる程度は最低でもクリアしておいた方がいいです。

また、スクールに通ってあらかじめプログラミングスキルを身につけておけば、研修から現場への過程もかなりスムーズになります。

プロ講師のサポートを受けながらプログラミングを学べるので、独学に比べて習得も早く、挫折率も低いです。

プログラミング初心者のうちは、「わからないことを聞ける環境」というのはかなり重要です。

コードを書いていても、

  • なぜこのような動きになるのか
  • エラーの解消方法はどうするか

といったことを自分ひとりで解決しようとすると、かなりの時間がかかってしまいます。

人によっては自力で解決できず、この時点で挫折してしまいます。書籍を買って独学する人はこの点に注意が必要です。

まとめ

完全未経験でプログラマーになって苦労したことを解説してきました。

プログラマーになることやプログラミングスキルを身に着けることは、大きなプラスになるスキルです。

というのも、これからプログラミング需要はどんどん増えていきますし、これからの時代の働き方にもマッチしている職種です。

  • 需要が高いので転職がしやすい
  • フリーランスとしても働きやすい
  • 個人で稼ぎやすい(副業としても)

プログラミングの習得は「大きな武器になるスキル」であることは間違いありません。 

しかし、プログラミングで仕事をしていくには、ある程度の経験を必要とする職種です。そう簡単に習得できるものではありません。

せっかくプログラミングに興味をもってプログラマーを志しても、挫折してしまっては意味がありません。

転職しても辞めていってしまう人も多い業界です。

未経験からプログラマーを目指すなら、ある程度のスキルを身に付けてから就職しましょう。

30代向けプログラミングスクール厳選3社【PG歴10年の私がおすすめ】

30代向けプログラミングスクール厳選3社【PG歴10年の私がおすすめ】近年、プログラミング需要が格段に高まり、プログラマーを目指す人が多くなってきました。 プログラマーへ転職をしたい フリー...